シャープペンシルの消耗品のあれこれ

こんにちは文具マイスターPapierの隅田です。
今回はシャープペンシルのニッチな話題をお伝えしようと思います。
シャープペンシルの消耗品といえばシャープ芯ですね。

三菱鉛筆、ぺんてる、パイロットetc.0.2mm~1.3mmまで7種の細さ、硬度は4H~4B(0.5mmのみ)まで、またカラーも各色揃いいろいろな選択肢がありますね。
でも今回の話題はシャープ芯ではありません。
シャープに付属する消しゴムと詰まりを除く針金に触れたいと思います。

シャープの消しゴムは三菱鉛筆8種、パイロット7種、ぺんてる7種、ゼブラ8種など、シャープの種類により太さ、長さ、金属金具にセットされたものなど多種多様にわたっております。実際にシャープを使われている方で別売りの消しゴムをご存知の方がどれほどいるでしょうか?またシャープの消しゴムの利用度はどれくらいでしょうか?一般的にシャープの消しゴムは直径は5mm程度、長さは10mm程度です。但し実際に消費する消しゴムはシャープの形状によりますがほぼ半分ほどでしょうか。でもやはりシャープペンに付属された消しゴムはいざというときに便利ですよね。お買い求めの際は本体のメーカー、品番等をご確認のうえ、それにあうものをお求めください。メーカーももう少し仕様を統一してもらえれば、お客様もお求め易くなると思っております。ボールペンの芯は文具店に適合表があり他メーカーのものを代用できるのですが、残念ながら消しゴムの適合表がありません。私ども売り手側もお客様に分かり易い商品を目指す必要がありますね。

シャープペンでお困りのことといえば、芯の詰まりですね。今、皆様方は芯の詰まりにどう対処していますか。シャープペンによっては残り芯1mmとか引き続き芯を繰り出すものもありますが、大方のシャープペンは10mm程度の芯が残ります。口金に残った芯(ガイドパイプ内の芯)は各メーカーのホームページを見ると新しい替芯で押し出すよう書かれておりますが、また折れる心配もありますね。以前のシャープには先述の消しゴムに針金が付属されてましたが今はPL法などにより付属されておりません。

でも探せばあるものです。パイロットから発売されておりますHERF-10(Hゴムー10)など3品番には消しゴムとあわせて突針2本がセットされたものと、ステッドラーのシャープにはほぼ付属されております。

やはり芯詰まりの対処には必要ですよね。これさえあれば芯詰まりのストレス解消まちがいなしです。
今回はニッチな話題ですが少しでもお役にたてればと期待しております。

おすすめ記事

  1. ナガサワ文具センター創業136年の感謝を込めて文具の市開催中
  2. オエステ会in名古屋 パイロットインキ工場見学
  3. 西郷どんだけじゃない!維新150年に盛り上がる鹿児島の名所
  4. 鉛筆の正しい持ち方教えます!
  5. 朝の文房具と文房具妄想のはなし。
  6. SAKURA craft_lab(サクラクラフトラボ)に新商品0…
  7. 露天神社へのおもひ 〜お初と徳兵衛〜
  8. 2018年第一回目のオエステ会議! 古都京都でオリジナル新商品続…

関連記事

  1. 星降る町 下松
  2. 万年筆の世界へようこそ!万年筆デビューをお手伝いするセミナー開催…
  3. オリジナルポストカード開発(前編)
  4. 広島のカープ熱を日本酒でさらにアツく!
  5. 中高生にブームの高級シャープペンー原点はスマッシュにありー
  6. オエステ会オリジナル商品のご当地柄はどうやって選ばれているのか?…
  7. 西郷さんマステと西郷どん(せごどん)そえぶみ箋の謎
  8. おこしやす!TAG文具まつり

最近の記事

  1. 鉛筆のお話
PAGE TOP