紙の厚さの表記が違って困っている方へ!紙の厚さを表す3つの表記とは?

こんにちは。鹿児島の㈱しんぷく卸本町店の松山です。

紙を買いに来たけど、厚さの表記がバラバラでわからない!こんな経験をされたことはありませんか?
当店でも、多くのお客様に紙の厚みの件でお問い合わせをいただきます。
正直、お店のスタッフでも連量135㎏って坪量で何g/㎡と聞かれてわかる人は少ないです。

紙の厚みを表す単位には大きく「連量(㎏)」、「坪量(g/㎡)」、「紙厚(μm)」の3つあるようです。
①連量:1連(全判用紙1000枚)あたりの用紙の重量のことです。
主に用紙取引の際に使用される単位で、印刷会社や製紙会社で広く使われます。
②坪量:1㎡あたりの用紙1枚の重量のことです。一般的にはコピー用紙などに表記されています。
③紙厚:紙の厚みを表す単位で「μm」で表記されますが、連量や坪量を使うのが一般的のようです。
ミクロン(μ)=千分の1ミリ

当店でよく売れています上質紙ですが、表記は〈90K〉(4/6判換算)とあります。これは四六判(788㎜×1091㎜)という紙の大きさの紙が1000枚の時の重さが90㎏ある紙の厚さということになります。
この〈90K〉の紙の厚さを坪量で表記すると104.7g/㎡になります。紙厚では、124μm(0.124㎜)となります。

わかりにくいので、表にしてみました。

連量から坪量を計算するときは、連量÷0.86をしてあげると出すことができます。
先ほどの例の連量<90K>なら 90÷0.86=104.65(約104.7)となります。

ちなみに、年賀状は厚さ0.22㎜相当なので、四六判の連量では180㎏が一番近くなります。
もし、はがき(年賀状)ぐらいの紙の厚みの用紙がほしい場合は、連量135~180㎏または、坪量157g/㎡~209.4g/㎡の用紙をお探しください。

かなりマニアックなお話でしたが、少しでもお役にたてたなら幸いです。

 

投稿者プロフィール

しんぷく
しんぷく1958年創業で、鹿児島市を中心に4店舗の文具専門店を運営しています。
1958年創業で、雄大な桜島のある、南国の鹿児島市を中心に4店舗の文具専門店を運営しています。卸本町店では、870㎡の売り場で、文具と生活雑貨を取り揃え、見て、触って、選べる、楽しい店舗となっております。経営理念として、お客様に喜ばれる仕事を通して、お客様に満足と安心を提供し、地域社会に貢献します。

おすすめ記事

  1. ススメ新生活!働き方改革もお助けするクリップファイルいろいろ♪
  2. オリジナルポストカード開発(前編)
  3. 世界遺産、尚古集成館近くに意外なスポットが??
  4. 採用担当者が採用したいと思う履歴書の書き方
  5. 朝の文房具と文房具妄想のはなし。
  6. 消しゴムに付いているあのマーク(クリーンマーク)…ご存知ですか?…
  7. SHINPUKUアクロアスプラザ与次郎店がオープンしました。
  8. 新春のお楽しみ福袋のご紹介 文具のしんぷく

関連記事

  1. プラチナ プレスマン 0.9mmもクルトガに変身
  2. 店舗名が変わりました。みなさん改めてよろしくお願いします。
  3. 採用担当者が採用したいと思う履歴書の書き方
  4. 神戸PEN SHOW2016が開催されます。
  5. 世界遺産、尚古集成館近くに意外なスポットが??
  6. 西郷さんマステと西郷どん(せごどん)そえぶみ箋の謎
  7. フエキくんあらわる!
  8. 朝の文房具と文房具妄想のはなし。

最近の記事

PAGE TOP