紙の厚さの表記が違って困っている方へ!紙の厚さを表す3つの表記とは?

こんにちは。鹿児島の㈱しんぷく卸本町店の松山です。

紙を買いに来たけど、厚さの表記がバラバラでわからない!こんな経験をされたことはありませんか?
当店でも、多くのお客様に紙の厚みの件でお問い合わせをいただきます。
正直、お店のスタッフでも連量135㎏って坪量で何g/㎡と聞かれてわかる人は少ないです。

紙の厚みを表す単位には大きく「連量(㎏)」、「坪量(g/㎡)」、「紙厚(μm)」の3つあるようです。
①連量:1連(全判用紙1000枚)あたりの用紙の重量のことです。
主に用紙取引の際に使用される単位で、印刷会社や製紙会社で広く使われます。
②坪量:1㎡あたりの用紙1枚の重量のことです。一般的にはコピー用紙などに表記されています。
③紙厚:紙の厚みを表す単位で「μm」で表記されますが、連量や坪量を使うのが一般的のようです。
ミクロン(μ)=千分の1ミリ

当店でよく売れています上質紙ですが、表記は〈90K〉(4/6判換算)とあります。これは四六判(788㎜×1091㎜)という紙の大きさの紙が1000枚の時の重さが90㎏ある紙の厚さということになります。
この〈90K〉の紙の厚さを坪量で表記すると104.7g/㎡になります。紙厚では、124μm(0.124㎜)となります。

わかりにくいので、表にしてみました。

連量から坪量を計算するときは、連量÷0.86をしてあげると出すことができます。
先ほどの例の連量<90K>なら 90÷0.86=104.65(約104.7)となります。

ちなみに、年賀状は厚さ0.22㎜相当なので、四六判の連量では180㎏が一番近くなります。
もし、はがき(年賀状)ぐらいの紙の厚みの用紙がほしい場合は、連量135~180㎏または、坪量157g/㎡~209.4g/㎡の用紙をお探しください。

かなりマニアックなお話でしたが、少しでもお役にたてたなら幸いです。

 

おすすめ記事

  1. 色々やっています!鳥取砂丘コナン空港のお店をプロデュースしました…
  2. 念願の「ジェイワン」へ!サッカーJ1昇格を果たしたV・ファーレン…
  3. 2018年もありがとうございました!お正月必須アイテムぽち袋のご…
  4. 世界遺産、尚古集成館近くに意外なスポットが??
  5. 【祝】「潜伏キリシタン関連遺産」世界遺産登録!長崎美景とペンフェ…
  6. 加圧式ボールペンを「水中で使える」は本当なのか?!
  7. 中高生にブームの高級シャープペンー原点はスマッシュにありー
  8. 低価格でもすごいやつ、売れ筋万年筆

関連記事

  1. この書き心地ペンじゃなくて紙なんだ
  2. 不要になったクリヤホルダーの活用法をお教えします。
  3. ぶんぶん堂ってなに屋さん?地元感が満載の自社ブランド「伯」のご紹…
  4. かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会
  5. 三宮の隠れ場所
  6. 手書き年賀状に挑戦!オススメ筆ペンご紹介
  7. もってこーい!「長崎くんち」の熱い3日間が終わりました!
  8. ぶんぶん堂のオリジナル文具シリーズ「山陰文具」に新アイテムが登場…

最近の記事

PAGE TOP