まだまだ続く高機能シャープペンのブーム!折れないシャープペンの元祖とは!

皆さまこんにちは、ぶんぶん堂の木村です!
先日の文具生活さんに続き、今日はぶんぶん堂がおすすめする高機能シャープペンのご紹介をしたいと思います!

ここ数年ブームになりつつある「折れないシャープペン」ですが、ブームの走りとして知られているのは「オレンズ」や「デルガード」です!
しかしまだまだ多くのメーカーが今、この時も参戦中なのです!


奥から、

◆オレンズ(ぺんてる)
芯を出さずに筆記する画期的なアイデアのシャープペン!先端のパイプがスライドして書ける仕組みなのですが、実は紙とスムーズに接触するために先端を丸く加工しているのです! 手で仕上げる最高級モデルの「オレンズネロ」は人気過ぎて入手困難となっているほど!

◆デルガード(ゼブラ)
鮮やかなカラーが目を引くシリーズです!筆圧が定以上になるとペンの先端が飛び出して芯をガードしてくれます!透明のボディで中の機構が見えるので、男子はワクワク必須です!

◆モーグルエアー(パイロット)
強い筆圧がかかると先端部分がもぐる、モーグルエアーです!こちらはフレフレ機能も付いていてノーストレスで筆記が進みます!女性も使いやすいパステルカラーがあるのも嬉しい所です!

◆クルトガアドバンス(三菱鉛筆)
一筆ごとに芯が回転して、一定の太さの筆記が可能になったシャープペンの革命児!販売累計6000万本というヒットシリーズに、パイプスライド機構を搭載した「折れないモデル」が発売になりました!

いやはや、店内をサッと回るだけでもこれだけの種類があります!
更にプラチナ万年筆社の「オ・レーヌ」やオート社の「コンセプション」も人気があるみたいですよ!
(どれも小○製薬的なネーミングなのも楽しいポイントです)

ところが!そこはオエステ会に所属するぶんぶん堂!
人気商品の紹介だけではおわりませんよ!


プレスマン(プラチナ万年筆)です!

プレス(記者)の名の通り、速記士や記者の方の速記に耐えるシャープペンを作る!というテーマのもとに開発された商品!

「内蔵したセーフティスライド機構が芯をスライドさせ、 速記中に起こる強い筆圧から芯折れを防ぐ事を可能にしました」
引用元:プラチナ万年筆HP http://www.platinum-pen.co.jp/press_270526.html

これだけ見ても「いや、他のメーカーと同じじゃん」と思ったあなた!

驚くなかれ!なんとこちら、1978年に発売という超ロングセラー商品!さかのぼること約40年、折れないシャープペンのために奔走したメーカーがあったのです!


よくみると白いパーツの中にはスプリングが仕込まれており、グッと筆圧をかけるとしっかり引っ込んでくれます!流行りのスケルトンではなく、裏地にこだわる日本人のような謙虚さにグッときます!


更には芯の交換の手間を減らそう!ということで通常の芯の1.5倍ほど長い専用芯も発売されています!すごい根性です!

ロマンあふれるこの商品は、『NIKKEIプラス1』の一面(2012年1月14日)で「新機能備えたユニークな文具」のペン部門で第3位を獲得!こんな老兵がごとく商品が今でも評価されるというのは、文具業界の面白いところですね!

それではここで、以前にお客様から試し書き用紙にいただいた一句をご紹介!


「デルガード オレはもとより プレスマン」

ぶんぶん堂は本当に良いお客様に恵まれました!
新しい物ばかりがピックアップされがちな昨今ですが、文房具に関しては古くて良いものがたくさんあります!ぜひオエステ会各店で探して触ってお楽しみください!

ぶんぶん堂の木村でした!

おすすめ記事

  1. 液状糊の代名詞「アラビックヤマト」の秘密教えます!
  2. ぶんぶん堂のバイヤーが必ず持ち歩く名品のご紹介です!
  3. 2018年もありがとうございました!お正月必須アイテムぽち袋のご…
  4. ~廣島インクで貴方もインク沼の秋~
  5. 加圧式ボールペンを「水中で使える」は本当なのか?!
  6. 熊本もいろいろあるよ!
  7. 新春のお楽しみ福袋のご紹介 文具のしんぷく
  8. ロングセラー商品 ぺんてるKERRYの奥深さ

関連記事

  1. いつまでも守りたい美しい景色を万年筆とインクに…「長崎美景」新作…
  2. 目に優しい蛍光ペン ゼブラの“マイルドライナー”
  3. 栗林公園だけじゃない香川・高松の玉藻公園で鯛願成就!
  4. 【マイノリティー】サウスポーにおすすめ文房具!
  5. 人気のパチェリエ イベント開催!パズル感覚でパチェリを体験できち…
  6. 2018年第一回目のオエステ会議! 古都京都でオリジナル新商品続…
  7. ナガサワ文具センター創業136年の感謝を込めて文具の市開催中
  8. 次の年号に活躍するアルバムは??

最近の記事

PAGE TOP