線が消える魔法のノートが間もなく登場します。

こんにちは、本日ブログ担当のナガサワ文具センターの浜口です。
本日は、魔法?消える罫線のノートが今秋に発売される商品情報を先取りして投稿させて頂きます。
WHITELINESは、スウェーデンで考案された革新的な紙は、シンプルな機能と目に負担を軽減しています。
これまでの罫線の黒(グレー)く印刷されたノートとは違い白い罫線は、メモを取る際には邪魔にならず、
かつ書きやすくし上がっています。
コピーやスキャンしても罫線が消えてメモだけが残る優れモノです。
ノートの扉を開けると鮮やかなオレンジ色が目に飛び込んできます。
右側にはスマホとの連携方法について印刷されています。
早速、WHITELINES A5サイズ方眼罫を使ってみる事にしました。


いろんな、筆記具を準備して記載してみる事にいたしました。
書き味は、さすが日本製で万年筆で書いても裏写りしないのは当然ながらシャープペンや少し細めのボールペンで書いても
紙とペンが引っかかる事なく滑らかな書き味でした。
ZEBURA社のマイルドライナーは、紙の色がグレーの為 発色を心配しましたが白い紙と遜色なく発色しました。
ここまでは、紙に記入する事を試してみました。
このノートは、スマホ連携が一番の特徴であり罫線が消える事へも挑戦してみる事にしました。
普段、EVERNOTEを活用していますので最初にこの商品を紹介して頂いた時から連携してみたいと思っていました。
【シェアーする】
専用のスマホアプリで自動読み込み。簡単・瞬時にシェアーができます。
実際に読み込んでみると少しのズレなど自動調整を行い簡単に撮影して簡単シェアーする事ができました。

【消える】
コピーしたり、アプリに読み込むと線が消えて、メモがクリアーに!
シェアーしたノートは、罫線がしっかりと消えました。
EVERNOTEとも連携する事にしましたが簡単に連携する事ができました。

実際にノートに書いたところを撮影してみました。

最後にEVERNOTEとの連携を掲載させて頂きますのでご覧下さい。
罫線は、しっかりと消えて真っ白い紙に記入したようになりました。
蛍光ペンは、しっかり発色するペンを使った方が良い事が今回の試筆でわかりました。
今秋 発売のWHITELINESを楽しみにお待ち下さい。

おすすめ記事

  1. ミイラ取りがミイラになる事例
  2. 2018年日本文具大賞グランプリ『キッター』 
  3. オエステ会オリジナル文房具「Stationer’s(…
  4. スタイリッシュな相棒 ハズキルーペは大きく見えるんです
  5. リーガルパッドとiPad
  6. 意外と知られていない?筆記具の部品
  7. 高松を見守る「赤灯台(せとしるべ)」は世界初の美灯台
  8. インク沼~インクの色を見せたい!本数多めでそろえたい!欲張りさん…

関連記事

  1. 2018年日本文具大賞グランプリ『キッター』 
  2. 2020日本文具大賞
  3. 新元号は何になる?元号変更で買い替えるべき文房具、回転印
  4. 『西郷どん』オープニングで流れる神秘のエメラルドグリーンの滝「雄…
  5. クリスマスもインクでわくわく♪【カラーバーインク冬季限定カラー】…
  6. 2021年も人気の予感?!最近発売の細書きボールペンをピックアッ…
  7. なぜ油性ボールペンにブルーブラックが無いのか?
  8. 『STAY HOME』オンライン飲み会もいいけど、大切な方へ手紙…

最近の記事

PAGE TOP