アバンギャルド

日本の伝統色で作り上げたアバンギャルド

ドイツの老舗メーカー「ステッドラー」が多機能ペンを日本で製造し、日本国内向けに販売しているというところに着目しました。ドイツの老舗メーカーが認めた日本製アイテムのボディカラーを「日本の伝統色」に変更してみたいという思いで商品化が実現しました。

アバンギャルドライトのボディカラーを日本の伝統色「菜の花色」と「牡丹色」に変更した特別仕様の商品です。

「菜の花」と「牡丹」

四季の草花に見られる自然、着物や絵画、工芸品にみられる文化。そこに見出された伝統的な美しい日本の色を純文具に託しました。
「菜の花色」ほんの少し緑みの入った鮮やかで明るい黄色
「牡丹色」ピンク色、もしくは鮮やかな赤紫をさすまさしく牡丹の花の色

日本の伝統色

数ある「日本の伝統色」からどの色に決定するのか?そこに一番時間を要しました。
オエステ会メンバーで協議し、「菜の花色」「牡丹色」の2色で展開することに決定しました。決定後ステッドラージャパンとボディカラーの再現性に細心の注意をはらい製品化を進めました。

日本に残る素晴らしい伝統を忘れないためにも、広い世代のより多くの方々に使っていただきたいです。

仕様

日本の伝統的な色を、先進的なデザインを代表するドイツ、ステッドラー社の多機能ペンに託しました。
鮮やかな伝統色を思い切って使うことでどこか懐かしく、また斬新な印象に仕上がりました。


商品名:アバンギャルドライト
定価:2,500円+税
ペン種:多機能ペン/ボールペン2色(黒・赤)0.7mm+シャープペンシル0.5mm
カラー:菜の花色、牡丹色
素材:硬質アルミ軽合金
サイズ:長さ131mm/軸径9.5mmφ
重量:14g

PAGE TOP