繰り出し式ボールペンは数あれど複合タイプならゼッタイMade in Japan!おススメはゼブラシャーボX♪

こんにちは。岡山のうさぎや伊澤です♪

仕事柄、いろんな筆記具メーカーのものを比べて比べて自分の推しポイント!を日々探っている私ですが、
シャーペンならコレ、リーズナブルなボールペンならコレ、海外ブランドの高級ボールペンならコレ、などなど、
やっぱり使い道によって推しモノはちがいますよね。
今回、お話したいのは高級ラインのシャープ+ボールペンの複合タイプでは何が推しか!ってことです。

もったいつけずに答え(あくまで思い切り主観と好みによる)をいうと、ゼブラのシャーボXです。

わかりやすく箇条書きにします!
①5万通りのカスタマイズができる芯セレクトタイプ!
水性が好きな方、なめらか油性が好きな方、いやいや昔っからつかってる油性が好きな方、それぞれに対応できる、自由にリフィルをセレクトできるタイプです。私は断然なめらか油性のエマルジョン推しですけれど。なめらか油性はジェットストリームだけじゃないです!笑

②真鍮ボディの書きやすさ&高級感とスマートなデザイン
真鍮軸なので適度に重みがあって低重心になる=軽い力でさらさら書きやすいのです。そしてその重みは高級感にもつながりますね。
そしてスマートカジュアルにも大人の落ち着きにも似合う様々なデザインがあって、それは25種類にも!!
シャーボX ゼブラHP

③繰り出すときの静寂と確かさ
どういう意味?と思われるかも?ですけど、これが私がいちばん推したいポイントです。繰り出し式の複合タイプって、回すとカシャっカシャっと言いませんか?それから振るとシャカシャカいいません?あれ、気になりだすと気になるんです!!
なんだかチープな感じがするし、会議中に手グセで無意識に回してると気づいたら周りの人の迷惑になってたり・・・汗
シャーボXはそれがないんです。回したときの静かさは高級感の証!そして回し終えたときの感覚は優しくも確かな心地。
これは、「高級車のドアを閉めたときに感じる静かでいて重みのある高級感を追求したもの」、とはゼブラ社長のお言葉です!

④40年の歴史と品質にこだわりあり!のMade in JAPAN
複合タイプの筆記具ってあの小さなボディの中に精巧な機構が入っているので、実はとっても繊細なものです。そこではやはり、日本人の技術がモノを言うのです。複合筆記具を選ぶならばやっぱり国産メーカーを断然おススメしますし、特にシャーペン付ボールペンの代名詞「シャーボ」は40年以上の歴史がある信頼の逸品なのですねー。

ほかにもいくらでも好きな理由は話せるんですが、長話も甚だしくゼブラの回し者か!?的になり兼ねないのでこの辺で。
(すでに回し者感出てるかも・・・)

最後に、ちょっと宣伝を。
うさぎやでは11/3(土)から、ゼブラシャーボXのお名前入れ無料キャンペーンをスタートします。
ギフトシーズンにぜひ、お名入れで世界に1本のシャーボXをいかがでしょうか♪
うさぎやオリジナルデザインも発売しますよ!オトナ女子が惹かれる上品でキュートな仕上がりになっていますのでぜひ店頭にて。

それから、その11/3(土)と11/4(日)は毎年恒例、うさぎやバースデーフェアです!
今年は岡山店開店20年!と福山南店開店1年♪を記念していつも以上ににぎやかな内容ですよー。
オリジナル万年筆やインク、オリジナルマスキングテープの新作発売、文具王がくるトークショー、mtつかみどり、
ポイントカード5倍!、おもしろ消しゴムすくい、55 Signpen’s BARなどなど盛りだくさん!!!
皆様のお越しを心よりお待ちしております!!!!!
うさぎやバースデーフェア

おすすめ記事

  1. 山陰の情景マスキングテープを企画中!
  2. 【祝】「潜伏キリシタン関連遺産」世界遺産登録!長崎美景とペンフェ…
  3. 線が消える魔法のノートが間もなく登場します。
  4. ~廣島インクで貴方もインク沼の秋~
  5. SHINPUKUアクロアスプラザ与次郎店がオープンしました。
  6. 加圧式ボールペンを「水中で使える」は本当なのか?!
  7. 文具店tagが12店舗になりました!寺町三条店オープン!
  8. 島根県出雲市では神無月が神在月になる?!八百万の神々が集まる神在…

関連記事

  1. 日本交通株式会社代表取締役会長 川鍋一朗
  2. 神戸開港150年。開港150年を記念して波止場レアロとレクルを発…
  3. 日本三大名園でないのが残念な高松の名勝栗林公園
  4. 文具店TAG筆記具担当がオススメするボールペン~ラミー社スウィフ…
  5. インクの秘密について
  6. ジョージに愛され、宇宙へ旅したサインペン!
  7. 多山文具お得なセールと120周年のお知らせ
  8. 万年筆を蘇らせる巧みの技(神の手)

最近の記事

PAGE TOP