色鉛筆の特徴と違いについて

新年あけましておめでとうございます。多山文具の加藤です。

平成も最後の年となりましたが、消費税アップなど特別な年になりそうですね。

今回の題材内容ですが、筆記具ネタということで考えていると、子供の宿題で絵本を創るというのがあり色鉛筆で塗っているところ見たので文章にしてみました。

 

【色鉛筆について】

同じ“鉛筆”でも、普通の黒い鉛筆と色鉛筆は全く違うものなのです。

鉛筆の芯は黒鉛と粘土を混ぜたものを焼き固めて作りますが、色鉛筆の芯は顔料や染料といった色の元になる原料にロウ(ワックス)やタルク(滑石)などを加えて混ぜたものを乾燥させて作ります。なので、黒鉛から作られる鉛筆は黒色だけしか作れませんが、色鉛筆は絵の具のようにたくさんの色が作れるのです。

また、色鉛筆のほとんどが消しゴムでは消せないのも、この材料の違いによるものです。色を何度も塗り直して試しながら塗りたい!という方は、「消せる」「消える」と書かれた色鉛筆を選ぶことをオススメします。

 

【色鉛筆にも油性と水性がある】

ボールペンのインクには油性や水性があり、近年は油性と水性の中間のようなゲル(ジェル)インキや、強くこすると無色透明になるインクなども登場してきました。

でも、実は色鉛筆にもボールペンのように油性と水性があるのをご存知ですか?

ほとんどの色鉛筆は油性で、一般的に「水彩色鉛筆」と呼ばれている水に溶けるものが水性です。

今回は、油性色鉛筆と水性色鉛筆の特長について、それぞれご紹介します。

 

  • 油性色鉛筆の特長●

・油性色鉛筆は芯が軟らかいので、書き味はとてもなめらか。

・発色はとても鮮やかで、塗り重ねても色が濁りにくい。

・価格がリーズナブルなものも多いので、気軽に始めやすい。

 

  • 水性色鉛筆の特長●

・芯が硬めなので、芯を尖らせて細かく塗ることができる

・水に溶けるので、水性色鉛筆で塗ったあとに水筆でなぞったり、逆に水筆を水性色鉛筆の先に付けてから塗るったり、一本で様々なタッチが楽しめる。

油性と水性の特長を知れば、目的や用途に合わせて使い分けたり組み合わせたりして使うこともできます。

例えば、絵を描くのにもグラデーションをつけて塗りたいところには水性を、鮮やかにハッキリと残したいところには油性を使うなど、色鉛筆の使い方は無限にあります!

お子様から大人まで誰でも楽しめる色鉛筆で、ぜひ2019年を彩ってみてはいかがですか?

おすすめ記事

  1. 山陰好きを名乗りましょう!白バラ牛乳の文房具&グッズのご紹介!
  2. 色々やっています!鳥取砂丘コナン空港のお店をプロデュースしました…
  3. 文具店tagが12店舗になりました!寺町三条店オープン!
  4. 【祝】「潜伏キリシタン関連遺産」世界遺産登録!長崎美景とペンフェ…
  5. 多山文具で年賀状とクリスマスの準備を!
  6. 【インク沼】オリジナルインク新色発売!
  7. 【3月30日~4月1日】文具と紙と暮らし市を開催いたします。
  8. 文具生活オリジナルインク「四国カラーズ」&からっぽペンでオリジナ…

関連記事

  1. シャープペンシルの消耗品のあれこれ
  2. 2018年日本文具大賞グランプリ『キッター』 
  3. 普通にスゴイ!ハサミの構造
  4. 自分だけの特別な色を作る セーラー万年筆『インク工房』開催
  5. 多山文具お得なセールと120周年のお知らせ
  6. 神戸 三宮に白煉瓦の画材コーナー
  7. 能率手帳を使い続けて…
  8. 新年ご挨拶

最近の記事

PAGE TOP