手帳選びの決め手!!

こんにちは。

クロスランドの松本です。

つい先日お正月を迎えたばかりの様な気もしますが、気付けばもう3月。

3月といえば、何かと区切りになる事が多い季節ですよね。

春ももうそこまで近づいているんだなぁと感じます。

店頭にも4月始まりの手帳が並び、手に取られる方も多くいらっしゃいます。

最近は手帳のフォーマットもさまざまで、自分に合った手帳はどれ?と悩まれる方も…。

そこで今日は、店頭でスムーズに手帳をお選び頂けるよう、フォーマットについてのメリットを書いてみようと思います。

■月間マンスリータイプ

『1ヶ月の予定が一目瞭然!』 カレンダーと同じ1日1マスのフォーマット。月間の予定だけで十分という方におススメ!

薄くて軽いので持ち運びにも便利。

■週刊レフトタイプ

『予定とメモを一括管理』 手帳の左側は1週間の予定が書き込め、右側はメモが書き込めるフォーマット。

予定をざっくりと把握し、メモ欄も欲しい方におススメ!

■週刊バーチカルタイプ

『時間管理を徹底的に!』1日のスケジュールが30分または1時間単位で管理でき、

会議や締め切りなど時間単位で行動するビジネスマンにおススメ!

■ガントチャートタイプ

『多くのタスクを一括管理!』 縦軸に項目、横軸が日程になっていて全体をチャート式に記入し管理できるフォーマット。

プロジェクトリーダーや複数の仕事を並行して管理しなければいけない方、全体の進行を把握し、管理する方におススメ!

■週刊ホリゾンタルタイプ

『1日の予定をしっかり書き込みたい』

バーチカルタイプと同様に1週間の管理ができますが、左に4日分右に3日分のブロックが割り振られているセパレートタイプのフォーマット。

枠が広いので1日の予定を把握し、しっかり記入したい方におススメ!

■1日1ページタイプ

『その日のアイディアを残したい!』 その名の通り1日1ページのフリースペースが多いフォーマット。

作家さんやアーティストの方、またその日の出来事などイラストで残したり、より自由に書きたい方におすすめ!

4月は年度の切り替え時期でもあり、先生や公務員の方、新社会人、学生、お子様がいる女性の方は学校行事に合わせて、手帳選びのお役に立てればと思います。

 

投稿者プロフィール

十字屋
十字屋「西の京」山口を中心に5店舗を運営しています。
「西の京」山口を中心に、ステーショナリー雑貨とデザイン文具のセレクトショップ「CrossLand」(825㎡の売り場に5万アイテムの品揃え*山口店の例です。)や「CrossLandMarket」を5店舗運営しています。1946年創業で、”GOOD STATIONERY”にこだわった品揃えをぜひご覧ください。

おすすめ記事

  1. 法律家の為に…生まれた万年筆
  2. オリジナルポストカード開発(後編)
  3. 島根県出雲市では神無月が神在月になる?!八百万の神々が集まる神在…
  4. 2017年ありがとうございました!霊峰石鎚山へ年末のご報告
  5. オエステ会オリジナル文房具「Stationer’s(…
  6. 多山文具で年賀状とクリスマスの準備を!
  7. オエステ会限定プレラに飲ませてください~TAGオリジナルインク・…
  8. しんぷくオリジナルマスキングテープ新発売。西郷どんや黒豚がマステ…

関連記事

  1. 文具店TAG筆記具担当がオススメするボールペン~ラミー社スウィフ…
  2. うさぎ好き必見!!狛犬ならぬ狛うさぎがいる神社
  3. 中高生にブームの高級シャープペンー原点はスマッシュにありー
  4. あんふぁんランドセルフェアと消しゴムつめ放題イベント!
  5. じつは主婦の強い味方。「テープのり」が選ばれる理由はここにあった…
  6. オエステ会オリジナル文房具「Stationer’s(…
  7. 西日本では割と「物差し」のことを「さし」と言いますが、実は標準語…
  8. 色鉛筆って消しにくい!を解決する消しゴム

最近の記事

PAGE TOP