能率手帳を使い続けて…

こんにちは
本日ブログ担当のナガサワ文具センターの浜口です。
私の長年活用している昔は「能率手帳」今は「NOLTY」に名前を変えました。
本日は、2011年より使い続けている能率手帳GOLDについて書かせて頂きます。

2008年発売の野口晴巳氏著書の「能率手帳の流儀」に出会った事に端を発して
2011年に人生の節目の50歳にして始めて能率手帳ゴールドを使い始めることを決意いたしました。
※文房具店に勤務していますので当然、能率手帳GOLDの事は、以前より存知上げていました。
切っ掛けになったのは「書く」から考える「振り返る」から「未来が見える」…
50歳になりようやく手帳は、時間管理だけではなく人生設計(未来)に役立つの事を本を通じて知り得ました。
少し遅かったのでは…
一時期は、To Doや成果、感情を色分けして黄色はすぐやる…青は良い出来事 赤は悪い出来事などに分けて記入していた
時期もあります。今は、優先順位とPDCAを記入し未来設計を出来るだけ優先して記入しております。

能率手帳GOLDの革の手触りが特に良くインド産の羊皮(ヤンピー)を使っており1年後の手触りは使い込んだ風合いがなんとも言えません。経年劣化を楽しむ事が出来ます。使い終わった後の充実感や達成感を是非味わってみて下さい。
小口の金箔や用紙の角丸処理、数千回の開閉に耐える堅牢性など拘りが「ギュ」と詰まった1冊です。
能率手帳は、私が生まれる10年前の1951年に法人向けに発売を開始し1963年に能率手帳ゴールドが誕生いたします。
2013年には、誕生50周年を迎える能率手帳を使えた事は少し誇りにも感じています。

右横のページは無地になっていて当初は、そのまま記入していましたが何年前からでしょうか?
テンプレートを使って4mmの罫線をシャープペンシルを使って記入するようになりました。
最近は、ストッドラーの新製品925-15-03へコードH芯を挿入して使っています。

能率手帳ゴールドは、ご存知のように綴じ手帳の為MEMOを追加出来ない事が難点ですが別売の補充ノートを使う事でMEMOの拡張も出来ます。能率手帳ゴールドには、MEMO帳が1冊付いていますが足らない方へ弊社で能率手帳ゴールドの用紙を使ってNAGASAWA能率手帳GOLDメモランダムまで社内で作って頂き発売させて頂きました。

最近では、良品計画会長の松井忠三氏も能率手帳を長年活用しPDCAサイクルで大きな成果を出された事は有名で著書の無印良品のPDCAを参考にさせて頂いています。
松井忠三氏は、全てシャープペンシルで記入され特に季節感(桜の開花)を記入され昨年の手帳から今年の春物商戦を先読みしたり1週間の手帳の活用方法など参考になる事がたくさんあります。
共通して仰るのは、全て1冊でまとめる事を勧められています。

2018年〜2014年の5年間の手帳を撮影してみました。
2019年以降の使える限り能率手帳ゴールドを使ってみようと考えています。

おすすめ記事

  1. 2018年もありがとうございました!お正月必須アイテムぽち袋のご…
  2. ~廣島インクで貴方もインク沼の秋~
  3. 多山文具の春イベントのお知らせ
  4. ロングセラー商品 ぺんてるKERRYの奥深さ
  5. 多山文具で年賀状とクリスマスの準備を!
  6. 令和元年 崇徳天皇と香川にまつわるおはなし
  7. オリジナルポストカード開発(前編)
  8. 手帳選びの決め手!!

関連記事

  1. オリジナルポストカード開発(前編)
  2. 万年筆の世界へようこそ!万年筆デビューをお手伝いするセミナー開催…
  3. 2018年もありがとうございました!お正月必須アイテムぽち袋のご…
  4. 新春のお楽しみ福袋のご紹介 文具のしんぷく
  5. おかげさまで開店22年を迎えます。うさぎやが思う文具と人生につい…
  6. 筆の選び方からしつこい墨の汚れ落としまで調べてみました。
  7. カラーを遊んで「書く」をもっと楽しもう!黒じゃないダーク系インク…
  8. 讃岐のグルメをご堪能あれ!うどんだけじゃない香川県

最近の記事

PAGE TOP