2本の不思議な万年筆

こんにちは、本日ブログ担当の浜口です。
東京出張に出かけており写真撮影は、昨晩お世話になったベットの横で撮影させて頂きました。
今日は、私の愛用コレクション 2本の万年筆について投稿させて頂きます。

1本目は、PILOT ジャスタス95をご紹介させて頂きます。
昔にナガサワ文具センターのブログでもご紹介させて頂いたいました。

【PILOT JUSTUS95】
https://kobe-nagasawa.co.jp/blog/pilot-justus95/

万年筆のペン先の上にもう一つペン先の開きを調整する機能がついていて H(ハード)硬めの書き味と
S(ソフト)軟らかめの書き味の2つの書き味が楽しめます。
H(ハード)は、ペン先の下迄コントロールプレートが下がりペン先の広がりを止める事で硬い書き味となります。
他方、S(ソフト)は、ペン先の上部でコントロールプレートが止まりペン先の広がりで軟らかい書き味となるのです。
不思議だと思いますが『百聞は一見に如かず』です。店頭で機会があれば是非お試し下さい。
ペン先は、勿論広澤先生に私仕様のEFに仕上げて頂き手帳には最適なペン先に仕上がっています。

もう一方の万年筆は、ヘリテージ912改造モデルです。
どこが?改造?
これを発見出来た方は、相当 万年筆のお詳しい方だと思います。

【改造1】
ヘリテージ912には、ペン先の字幅は、EF(極細)までしか御座いません。
表面から見るとペン先下部に《EF》としか刻印されていません。
極細から広澤先生に【超】を施して頂き【超極細】に生まれ変わりました。
ペン先についているイリジュームは、肉眼ではほぼ見る事が出来ないくらい小さなペンポイントです。

【超極細のペンポイント】
書き味は、ハイテックCポイントの0.4mmで書いたような字幅で書く事が出来ます。

【改造2】
この改造は、中々発見しにくく 雨だれ仕様のクリップに変更しています。
このクリップは、カスタム74のノンカラーのみ唯一シルバーのクリップを装着していますので付け替えた逸品です。
世の中にない万年筆を持ち至福の気分に勝手になっています。
2箇所を発見出来た方は、万年筆の相当なご愛好家だとお見受けいたします(笑)

東京、中目黒 出張先より…

投稿者プロフィール

ナガサワ文具センター
ナガサワ文具センター地元神戸を中心に特長ある店舗展開をしています。
明治15(1882)年創業の文房具専門店で、地元神戸を中心に特長ある店舗展開をしています。
神戸・三宮の本店では一般文房具から画材まで豊富なアイテムを展開、併設された万年筆専門店「PenStyle DEN」は
大人のこだわりショップとして数多くのオリジナル商品を取扱いしています。(2016年6月現在10店舗)

おすすめ記事

  1. 加圧式ボールペンを「水中で使える」は本当なのか?!
  2. オエステ会IN神戸 新店ナガサワ文具センターパピオス明石店視察と…
  3. 意外と知られていない?筆記具の部品
  4. 液状糊の代名詞「アラビックヤマト」の秘密教えます!
  5. 地味ですが私たちの生活に深くかかわっております
  6. 消しゴムに付いているあのマーク(クリーンマーク)…ご存知ですか?…
  7. あのカッターナイフの豆知識!こっそり秘密をお教えします!
  8. 西郷どんだけじゃない!維新150年に盛り上がる鹿児島の名所

関連記事

  1. 万年筆プレラパロットグリーンをもっと楽しもう!オリジナルそえぶみ…
  2. 活火山のある町、鹿児島。桜島の鹿児島出身の大物歌手のモニュメント…
  3. 幸運を呼ぶ?四つ葉のクローバータクシー
  4. リーガルパッドとiPad
  5. 繰り出し式ボールペンは数あれど複合タイプならゼッタイMade i…
  6. 『maruman week』図案スケッチブック60周年を記念
  7. 日本が誇る名作鉛筆「ハイユニ」の謎に迫る!
  8. 栗林公園だけじゃない香川・高松の玉藻公園で鯛願成就!

最近の記事

PAGE TOP