2本の不思議な万年筆

こんにちは、本日ブログ担当の浜口です。
東京出張に出かけており写真撮影は、昨晩お世話になったベットの横で撮影させて頂きました。
今日は、私の愛用コレクション 2本の万年筆について投稿させて頂きます。

1本目は、PILOT ジャスタス95をご紹介させて頂きます。
昔にナガサワ文具センターのブログでもご紹介させて頂いたいました。

【PILOT JUSTUS95】
https://kobe-nagasawa.co.jp/blog/pilot-justus95/

万年筆のペン先の上にもう一つペン先の開きを調整する機能がついていて H(ハード)硬めの書き味と
S(ソフト)軟らかめの書き味の2つの書き味が楽しめます。
H(ハード)は、ペン先の下迄コントロールプレートが下がりペン先の広がりを止める事で硬い書き味となります。
他方、S(ソフト)は、ペン先の上部でコントロールプレートが止まりペン先の広がりで軟らかい書き味となるのです。
不思議だと思いますが『百聞は一見に如かず』です。店頭で機会があれば是非お試し下さい。
ペン先は、勿論広澤先生に私仕様のEFに仕上げて頂き手帳には最適なペン先に仕上がっています。

もう一方の万年筆は、ヘリテージ912改造モデルです。
どこが?改造?
これを発見出来た方は、相当 万年筆のお詳しい方だと思います。

【改造1】
ヘリテージ912には、ペン先の字幅は、EF(極細)までしか御座いません。
表面から見るとペン先下部に《EF》としか刻印されていません。
極細から広澤先生に【超】を施して頂き【超極細】に生まれ変わりました。
ペン先についているイリジュームは、肉眼ではほぼ見る事が出来ないくらい小さなペンポイントです。

【超極細のペンポイント】
書き味は、ハイテックCポイントの0.4mmで書いたような字幅で書く事が出来ます。

【改造2】
この改造は、中々発見しにくく 雨だれ仕様のクリップに変更しています。
このクリップは、カスタム74のノンカラーのみ唯一シルバーのクリップを装着していますので付け替えた逸品です。
世の中にない万年筆を持ち至福の気分に勝手になっています。
2箇所を発見出来た方は、万年筆の相当なご愛好家だとお見受けいたします(笑)

東京、中目黒 出張先より…

おすすめ記事

  1. リーガルパッドとiPad
  2. 加圧式ボールペンを「水中で使える」は本当なのか?!
  3. 熊本もいろいろあるよ!
  4. 令和元年 崇徳天皇と香川にまつわるおはなし
  5. ミイラ取りがミイラになる事例
  6. 鉛筆の正しい持ち方教えます!
  7. 新しいこと始めます!ロボットプログラミング教室『ビーアカデミー』…
  8. クリスマスもインクでわくわく♪【カラーバーインク冬季限定カラー】…

関連記事

  1. 線が消える魔法のノートが間もなく登場します。
  2. 新しいこと始めます!ロボットプログラミング教室『ビーアカデミー』…
  3. 2018 戌年 新年の挨拶
  4. 秋に感じたボールペンと替え芯のいろいろ
  5. 鳥取県の夏グルメと言えばマグロで決まり!
  6. 島根県が誇る国宝・松江城の桜がもうすぐ満開!開花情報とお花見のス…
  7. うさぎやオリジナルの新ブランド立ち上げました!「あなたと奏でるジ…
  8. 文具生活の~みんなで研修!inオフィスサポートセンター

最近の記事

PAGE TOP