文具マイスターPapierの記事一覧

  1. ロングセラー商品 ぺんてるKERRYの奥深さ

    こんにちは、文具マイスターPapierの隅田です。早いもので店名変更から1年。徐々に新店名もお客様に浸透してきております。投稿の今日(23日)に台風20号が四国に上陸との事。ルートを見ると高松を直撃の予定。大きな災害にならなければと思っております。今回は以前2月にスマッシュを取り上げましたが、そ…

  2. オエステ会はもうすぐ10周年。更なる進化を成し遂げます。

    こんにちは文具マイスターPapierの隅田です。西日本は連日の猛暑日。只今の気温、高松は今日も35°越えです。ニュースでも熱中症の注意喚起の話題が多いですね。皆様方も水分補給を十分にし、十分な休息、睡眠を取りこの酷暑を乗り切りましょう。さて今日のテーマはオエステ会についてです。オエステ会は2…

  3. 讃岐のグルメをご堪能あれ!うどんだけじゃない香川県

    こんにちは、文具マイスターPapierの隅田です。今回は香川の食についてお伝えします。香川県を代表する食といえば「讃岐うどん」ですよね。確かにテレビでは香川といえば必ずうどんが紹介されます。でも今のうどんブームは1990年頃に地元タウン誌が結成した麺通団が穴場うどん店を紹介し、うどん店の…

  4. 中高生にブームの高級シャープペンー原点はスマッシュにありー

    こんにちは文具マイスターPapierの隅田です。最近、人気のシャープペンといえば三菱鉛筆のクルトガ、ゼブラのデルガード、ぺんてるのオレンズなどがあります。ここ最近では中高生(特に中学生男子)のシャープペンシル高級品嗜好の傾向がうかがえます。ペンケースには数本のシャープペン、ボールペン、消しゴム、…

  5. 高松の眺望をみるならここ!源平の古戦場屋島

    こんにちは文具マイスターPapierの隅田です。今回も前回に引き続き我が町のご紹介です。高松市東部に位置する屋島を掘り下げてみたいと思います。屋島は元来、南北5㎞東西3㎞のまさに島でその形は屋根のかたちをしており名の由来となっております。近年の塩田開発と埋め立てで今は陸続きとなってお…

  6. シャープペンシルの消耗品のあれこれ

    こんにちは文具マイスターPapierの隅田です。今回はシャープペンシルのニッチな話題をお伝えしようと思います。シャープペンシルの消耗品といえばシャープ芯ですね。三菱鉛筆、ぺんてる、パイロットetc.0.2mm~1.3mmまで7種の細さ、硬度は4H~4B(0.5mmのみ)まで、またカラ…

  7. 店舗名が変わりました。みなさん改めてよろしくお願いします。

    こんにちは文具マイスターPapierの隅田です決してオエステ会の新しいメンバーではありません。香川県の文具生活は8月1日をもって新しい店舗名に変わりました。新しい店舗名「文具マイスターPapier」の文具マイスターは文具の名人熟練士、Papierはドイツ語で紙を表します。決して文具の名人…

  8. 高松の商店街探訪 私のルーツは高松丸亀町商店街で始まりました

    こんにちは文具生活の隅田です。前回のブログではオエステ会の原点のマルマン宮崎工場をご紹介いたしました。今回は私個人のルーツをご紹介いたします。丸亀町入口の三町ドーム(うどんのお椀を逆さまにしたように見えますね)高松市の商店街は兵庫町、片原町、丸亀町、ライオン通、南新町、トキワ新町、常…

  9. オエステ会の起源はここにあり!マルマン宮崎工場の見学会から始まりました

    こんにちは、文具生活の隅田です。今回はオエステ会の起源を紐解いてみたいと思います。オエステ会は現在、東は京都、西は鹿児島までの西日本の文具店11社が所属し万年筆、そえぶみ箋、マスキングテープなどオエステ会オリジナルの商品を開発、文具店相互の向上のため、意見交換の場として9年間活動してまい…

  10. シャープペンシルは書き試しが第一歩!触って、試して選びませんか?

    こんにちは文具生活の隅田です。今、みなさんが日常使われているシャープペンシル、深い歴史と様々な機構があります。最古のシャープペンシルは1791年に沈没した船から見つかり、発明はこれ以前かと云われています。1822年にイギリスで繰出し式シャープが発明され、日本では1870年代に欧米…

最近の記事

PAGE TOP