色鉛筆って消しにくい!を解決する消しゴム

こんにちは☆クロスランドの水津です。

暖かくなり、外で絵を書き始めた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
桜だったり、チューリップだったり、赤や緑の色鉛筆がよく売れています。

最近は画材を買いに来てくださるお客様が増えました。

今回はそんな画材の中から色鉛筆のお話。
色鉛筆は画材の中でもポピュラーで、みなさんもよく使ってましたよね?!
そんな色鉛筆を消しゴムで消そうとしても消えにくい、跡が残ってしまう!といった経験はありませんか??

そもそも、鉛筆と色鉛筆とでは成分が全く違うんです。

黒鉛と粘土を混ぜ合わせて作られている鉛筆に対し、色鉛筆は顔料・蝋・合成樹脂・合成のりが混ぜ合わさってるんです。
その中でも、蝋が入ってることが消しにくい原因!

鉛筆の黒鉛は小さな粒が紙の上に乗っているので、消しゴムがからめ取ってくれて消すことができますが、
色鉛筆は、蝋が紙にくっついてしまうのでなかなか消すことが難しいのです。

しかし、最近では色鉛筆専用の消しゴムや、消せる色鉛筆などが発売されているので試してみてくださいね。

いいね 0
読み込み中...

関連記事