冬ならではのイルミネーションも楽しめる 長崎市中心街「浜町アーケード」

こんにちは、石丸文行堂のみやざきです。

2020年も残り一か月を切り、街中も華やかなイルミネーションで彩られています♪
いつもと少し違う年末ではありますが、だからこそ、変わらない街中の華やかな様子にわたしも元気づけられています。

こちらの動画は、今年のイルミネーション点灯式の様子。
来年のランタンフェスティバルの前までイルミネーションを楽しめるそうですよ◎

浜町アーケードとは?

石丸文行堂本店のある長崎浜町アーケードは、長崎市内中心部にあり、長崎一と言われる繁華街。
「浜んまち商店街」の愛称で親しまれています。アーケードなので、雨の日も気にせずお買い物を楽しむことが出来ますよ◎

以前の石丸文行堂インスタライブでも、生粋の長崎人スタッフ「ナリ」が、浜町周辺をぶらぶらする「浜ぶら」を楽しんでいる様子を配信しました。

まるで自分が浜ぶらしているような感覚でお楽しみいただけると思います♪ぜひご覧ください♪


≫画像をクリックするとインスタライブ動画へジャンプします

皆様も、長崎へお越しの際は「浜ぶら」ショッピングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

オマケ…今日12/7はクリスマスツリーの日♪

というわけで、冬のイルミネーションには欠かせないクリスマスツリーのイラストを描いてみました◎

1.ななめ線を繰り返して「ツイード風」に。

難しいテクニックはナシ!なカンタンクリスマスツリーのイラスト。こちらは、ツリーのシルエットの中にななめ線を繰り返し交互に描きこむだけで描けちゃいます♪

冬にぴったりな「ツイード」をイメージしています◎

 

2.方眼のマス目を交互に埋めるだけ!「カクカクツリー」

こちらは、さらに簡単に描けますよ~
方眼ノートのマス目を、交互に塗りつぶすだけで、アイコンみたいなキュートなクリスマスツリーが!
いろんな色でたくさん描いても楽しいですね♪

 

3.遊色インクを使えば1色でも華やかツリーに!

水筆などでにじませるとベース色と違う色が現れるインクのことを「遊色インク」と呼ぶことが多いのですが、こんなインクなら、1色でも表情豊かで華やかなクリスマスツリーが描けますよ(^^)

こちらのイラストでは、カラーバーインクの「シュエット!」を使っています。

 

#インクでクリスマスツリー のハッシュタグで楽しんで◎

昨年誕生したこのハッシュタグ。今年も、冬ならではのイラストをたくさん拝見できるのが楽しみです!
≫皆様の投稿はこちらからチェックできます

インクを使ったイラストは、街中のイルミネーションと同じように、見た人の心を暖めてくれますよね。石丸文行堂にお買い物にお越しいただく際は、その季節ならではのイルミネーションも一緒に楽しんでいただけると嬉しいです。

いいね 0
読み込み中...

関連記事