インクの秘密について

こんにちは、多山文具の黒木です。秋になりましたね。

9月も半ばになり、今年も残す所約3ヶ月と半月と日々の経過が早く感じます。

 

話が変わりまして、万年筆を使い始めて万年筆の次に気になってくるのが「インク」です。

インクは色々なメーカーからも発売されており

中には、店舗限定などもあります。

 

万年筆用のインクは分類すると

「染料インク」「顔料インク」「古典インク(没食子インク※)」※もっしょくし

3つに分けることができて、それぞれ性質が異なります。

 

染料インク

よく使われている、一般的な万年筆用のインクの多くはこの染料インクです。

色材に染料が使われているので、水に溶ける性質があります。

扱いやすく、万年筆の内部でのトラブルがおきにくいので、初心者でも安心して使えるインクです。

ただ、水に濡れると文字が読めなくなってしまうのと光によって色あせする恐れがあります。

顔料インク

色材に水に溶けない性質を持つ顔料を使用したインクで

顔料は、とても細かい微粒子になっていて、耐光性や耐水性に優れています。

染料インクよりもはっきりとした筆跡で、にじみにくく、裏抜けもしにくい性質ですが

一度固まってしまうと溶けにくいので、万年筆内部で固まると最悪の場合、分解修理が必要になります。

古典インク

染料インクにに特殊な製法で鉄分と酸を加えたインク。紙に書くと次第にインクが酸化して文字が黒に近づいていきます。同時に耐光性や、耐水性も増していくので、長期保存に最適。

通常、万年筆用のインク同士は混ぜられないので注意して下さい!

 

混ぜるインクといえばプラチナ万年筆の「ミクサブルインク」です!

ミクサブルインクミニが並べるのにちょうど良く形が可愛く

5個並べるとこのように花の様な形になります。

 

全9色のインクと、インク調合キットに付属している薄め液を使用する事によって

自分だけのオリジナルインクが作成できます♪

 

是非、「インク沼」にはまってみて下さい。

おすすめ記事

  1. 2018年日本文具大賞グランプリ『キッター』 
  2. 山陰の情景マスキングテープを企画中!
  3. 世界遺産「軍艦島」・・・お隣の「高島」も見逃せないぞ!
  4. 西郷どんだけじゃない!維新150年に盛り上がる鹿児島の名所
  5. 【3月30日~4月1日】文具と紙と暮らし市を開催いたします。
  6. 文房具と化学
  7. 地元のお祭りがアツイ!どんどん高松花火大会
  8. 消しゴムに付いているあのマーク(クリーンマーク)…ご存知ですか?…

関連記事

  1. オエステ会の起源はここにあり!マルマン宮崎工場の見学会から始まり…
  2. 就活ボールペン!
  3. 2017年ありがとうございました!霊峰石鎚山へ年末のご報告
  4. これも文房具です。
  5. 店舗名が変わりました。みなさん改めてよろしくお願いします。
  6. じつは主婦の強い味方。「テープのり」が選ばれる理由はここにあった…
  7. マジック、セロテープ、ホッチキスなど普通に呼ぶ商品 実はロングラ…
  8. ボールペンも脱プラスチック!新素材「ライメックス(LIMEX)」…

最近の記事

  1. 新年ご挨拶
PAGE TOP