品番を見れば商品が何かわかる!コクヨの品番の法則

こんにちは、文具店TAGの北です。最近、新しいパートさんやアルバイトさんが入ってきてくれて、研修をする機会が多いのですが、そんな新人研修の時、コクヨ商品の品番の話をします。

たとえば・・・

「この2冊のノート何が違うと思う?」なんて質問してみます。

すると、みんなノートをじっくり見て答えてくれます。

「紙の枚数が違います」 「正解!」

表紙に30枚、40枚って書いてあるから、ノートをよく見れば誰だってわかります。

でも、文具店で働いている私たちは定番文具なら品番を見れば、商品がなにかわかります。

特にコクヨの商品は品番がとても判りやすくつけられているんです。

先ほどのノートの品番ですが、30枚はノ-3A・40枚はノー4Aという品番です。

コクヨは商品の頭文字や間の文字を品番に持ってくることが多いんです。だからノー3Aは30枚のA罫のノートということになります。

では、50枚のB罫のノートは?

 

 

そう!ノ-5Bです。

でも、ノートにも最近はドットがついていたり、軽くて薄かったり、カラーバリエーションがたくさんあったりで、こんな簡単な品番では収まらなくなっていますが、ノートの品番が「ノ」から始まる事に変わりはありません。

あっ!でもリングノートはリングがくるくる巻いてあるから、スパイラルの頭文字をとって「ス」から始まります。

この法則がわかれば、他の商品もたいていわかります。

「フ」から始まる品番の商品はなんでしょう?

正解はファイルです。

 

 

 

 

 

では、「メ」から始まる品番の商品は?

 

 

 

 

 

メモです。

 

指サックは「ユ」ではなく・・・・

めくるから「メク」

はさみは「ハサ」

のりの頭文字はノートで使っているから、タック(tuck)からとって「タ」

ドットライナーもテープノリだから「タ」です。

パンチは「PN」

画鋲は「カヒ」

などなど、ほんとにわかりやすい品番で出来ています。

一度、お持ちのコクヨ製品をじっくりご覧になってください。

品番の法則がわかるかもしれませんよ。

 

 

 

 

投稿者プロフィール

タケダ事務機 文具店TAG
タケダ事務機 文具店TAG文具・事務用品専門店として京都を拠点に11店舗を運営しております。
文具・事務用品専門店として京都を拠点に滋賀・奈良・東京・静岡に11店舗を運営しております。「TAG」には付箋という意味があります。お客様がどのようなシーンで文房具や事務機を利用されたり、探されたりするかはそれぞれですが、どんな場面でも「一番につかんでいただけるTAGになりたい」そんな気持ちでお客様をお迎えいたします。

おすすめ記事

  1. 2018年第一回目のオエステ会議! 古都京都でオリジナル新商品続…
  2. 讃岐のグルメをご堪能あれ!うどんだけじゃない香川県
  3. 宮崎のデサキ初参加です!
  4. 色々やっています!鳥取砂丘コナン空港のお店をプロデュースしました…
  5. 年賀状にまだ間に合う! 万年筆のペンクリニック開催! in 文具…
  6. オエステ会はもうすぐ10周年。更なる進化を成し遂げます。
  7. オエステ会オリジナル文房具「Stationer’s(…
  8. 年に一度の!ペンコレクションの季節がやってきました~!

関連記事

  1. 色々やっています!鳥取砂丘コナン空港のお店をプロデュースしました…
  2. この書き心地ペンじゃなくて紙なんだ
  3. 採用担当者が採用したいと思う履歴書の書き方
  4. 世界遺産「軍艦島」・・・お隣の「高島」も見逃せないぞ!
  5. ご当地マスキングテープを使おう!
  6. 西の町のオエステ博士 40
  7. タモリさんもやって来た天領地倉敷!
  8. 山口県のゆるキャラ知っちょる?!

最近の記事

PAGE TOP