品番を見れば商品が何かわかる!コクヨの品番の法則

こんにちは、文具店TAGの北です。最近、新しいパートさんやアルバイトさんが入ってきてくれて、研修をする機会が多いのですが、そんな新人研修の時、コクヨ商品の品番の話をします。

たとえば・・・

「この2冊のノート何が違うと思う?」なんて質問してみます。

すると、みんなノートをじっくり見て答えてくれます。

「紙の枚数が違います」 「正解!」

表紙に30枚、40枚って書いてあるから、ノートをよく見れば誰だってわかります。

でも、文具店で働いている私たちは定番文具なら品番を見れば、商品がなにかわかります。

特にコクヨの商品は品番がとても判りやすくつけられているんです。

先ほどのノートの品番ですが、30枚はノ-3A・40枚はノー4Aという品番です。

コクヨは商品の頭文字や間の文字を品番に持ってくることが多いんです。だからノー3Aは30枚のA罫のノートということになります。

では、50枚のB罫のノートは?

 

 

そう!ノ-5Bです。

でも、ノートにも最近はドットがついていたり、軽くて薄かったり、カラーバリエーションがたくさんあったりで、こんな簡単な品番では収まらなくなっていますが、ノートの品番が「ノ」から始まる事に変わりはありません。

あっ!でもリングノートはリングがくるくる巻いてあるから、スパイラルの頭文字をとって「ス」から始まります。

この法則がわかれば、他の商品もたいていわかります。

「フ」から始まる品番の商品はなんでしょう?

正解はファイルです。

 

 

 

 

 

では、「メ」から始まる品番の商品は?

 

 

 

 

 

メモです。

 

指サックは「ユ」ではなく・・・・

めくるから「メク」

はさみは「ハサ」

のりの頭文字はノートで使っているから、タック(tuck)からとって「タ」

ドットライナーもテープノリだから「タ」です。

パンチは「PN」

画鋲は「カヒ」

などなど、ほんとにわかりやすい品番で出来ています。

一度、お持ちのコクヨ製品をじっくりご覧になってください。

品番の法則がわかるかもしれませんよ。

 

 

 

 

おすすめ記事

  1. 商品に寄せる熱い思い ~コクヨ100周年記念「書翰箋(しょかんせ…
  2. 朝の文房具と文房具妄想のはなし。
  3. 海外では青インクのボールペンが主流って本当?
  4. オエステ会オリジナル文房具「Stationer’s(…
  5. フリクションボールの秘密 10周年記念パック発売中 替芯1本サー…
  6. 2018年日本文具大賞グランプリ『キッター』 
  7. 露天神社へのおもひ 〜お初と徳兵衛〜
  8. スタイリッシュな相棒 ハズキルーペは大きく見えるんです

関連記事

  1. 酒都・西条
  2. ススメ新生活!働き方改革もお助けするクリップファイルいろいろ♪
  3. 鉄人のいる街”長田”【KOBE 鉄人 PROJECT】
  4. 小学生から親子で楽しめる!消しゴムハンコでいつもと違う雰囲気にチ…
  5. 絶好のビュースポット『角島』
  6. 『西郷どん』オープニングで流れる神秘のエメラルドグリーンの滝「雄…
  7. ぶんぶん堂主催の文房具イベント「文具サーカス」がいよいよ開催され…
  8. MY POCKET5&能率手帳GOLD

最近の記事

PAGE TOP