品番を見れば商品が何かわかる!コクヨの品番の法則

こんにちは、文具店TAGの北です。最近、新しいパートさんやアルバイトさんが入ってきてくれて、研修をする機会が多いのですが、そんな新人研修の時、コクヨ商品の品番の話をします。

たとえば・・・

「この2冊のノート何が違うと思う?」なんて質問してみます。

すると、みんなノートをじっくり見て答えてくれます。

「紙の枚数が違います」 「正解!」

表紙に30枚、40枚って書いてあるから、ノートをよく見れば誰だってわかります。

でも、文具店で働いている私たちは定番文具なら品番を見れば、商品がなにかわかります。

特にコクヨの商品は品番がとても判りやすくつけられているんです。

先ほどのノートの品番ですが、30枚はノ-3A・40枚はノー4Aという品番です。

コクヨは商品の頭文字や間の文字を品番に持ってくることが多いんです。だからノー3Aは30枚のA罫のノートということになります。

では、50枚のB罫のノートは?

 

 

そう!ノ-5Bです。

でも、ノートにも最近はドットがついていたり、軽くて薄かったり、カラーバリエーションがたくさんあったりで、こんな簡単な品番では収まらなくなっていますが、ノートの品番が「ノ」から始まる事に変わりはありません。

あっ!でもリングノートはリングがくるくる巻いてあるから、スパイラルの頭文字をとって「ス」から始まります。

この法則がわかれば、他の商品もたいていわかります。

「フ」から始まる品番の商品はなんでしょう?

正解はファイルです。

 

 

 

 

 

では、「メ」から始まる品番の商品は?

 

 

 

 

 

メモです。

 

指サックは「ユ」ではなく・・・・

めくるから「メク」

はさみは「ハサ」

のりの頭文字はノートで使っているから、タック(tuck)からとって「タ」

ドットライナーもテープノリだから「タ」です。

パンチは「PN」

画鋲は「カヒ」

などなど、ほんとにわかりやすい品番で出来ています。

一度、お持ちのコクヨ製品をじっくりご覧になってください。

品番の法則がわかるかもしれませんよ。

 

 

 

 

投稿者プロフィール

タケダ事務機 文具店TAG
タケダ事務機 文具店TAG文具・事務用品専門店として京都を拠点に11店舗を運営しております。
文具・事務用品専門店として京都を拠点に滋賀・奈良・東京・静岡に11店舗を運営しております。「TAG」には付箋という意味があります。お客様がどのようなシーンで文房具や事務機を利用されたり、探されたりするかはそれぞれですが、どんな場面でも「一番につかんでいただけるTAGになりたい」そんな気持ちでお客様をお迎えいたします。

おすすめ記事

  1. 新しいこと始めます!ロボットプログラミング教室『ビーアカデミー』…
  2. SHINPUKUアクロアスプラザ与次郎店がオープンしました。
  3. 【3月30日~4月1日】文具と紙と暮らし市を開催いたします。
  4. 地元のお祭りがアツイ!どんどん高松花火大会
  5. 年に一度の!ペンコレクションの季節がやってきました~!
  6. ナガサワ文具センター創業136年の感謝を込めて文具の市開催中
  7. 今にも動きだしそう!備長炭でできた『とるまワンコ』
  8. スタイリッシュな相棒 ハズキルーペは大きく見えるんです

関連記事

  1. 水都大阪、大阪の風景と物語をインクに込める
  2. 情報満載の香川に是非おいでまい!
  3. 文具店TAGが京阪電車とコラボレーション!!オリジナル万年筆とイ…
  4. 「まちなか&ママ」を盛り上げるイベント開催しました!
  5. 書いたらやみつき『トラディオプラマン』
  6. オリンピック×文房具の豆知識
  7. 2018年日本文具大賞グランプリ『キッター』 
  8. 海外では青インクのボールペンが主流って本当?

最近の記事

PAGE TOP