文具店TAG筆記具担当がオススメするボールペン~ラミー社スウィフト~

こんにちは。株式会社タケダ事務機 文具店TAG本店の浅井です。

今回は、私のお気に入り筆記具について、お話しさせていただきます。

それは、ラミー社のスウィフトです。

 

ラミー社は、ドイツのメーカーで、筆記具メーカーとしては、かなり特異な存在です。 と言いますのは、1930年設立で、海外のメーカーとしては、かなり新しいのですが、 商品(作品)のデザイナーが、はっきりと明記されている点では、世界で唯一の存在です。

このスウィフトのデザイナーは、ウルフギャング・ファビ アン(Wolfganng Fabian)です。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、クローズアップ

日本でも、かなりポピュラーなサファリシリーズのデザイナーでもあります。

私は、初めてスウィフトを手に取ってノックをした瞬間、雷に打たれたのような衝撃を受けました。 なんと!ノックをすると、クリップがボディ内に収納されるのです。

 

自動代替テキストはありません。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、クローズアップ

何度も何度も試してみて、その動きのスムーズさに感動し、 どんな構造、仕組みになっているのだろう? 分解してみたいという衝動にかられました。 まだ、その答えは確認できていませんが・・・(笑) そして、その書き心地はといいますと、ローラーボール(水性ボールペン)の見事なまでに滑らかな感触です。

ローラーボールと言えば、それまでは、キャッ プ式のタイプに限られていましたが、 このスウィフトと同時に開発されたローラーボールの替芯LM66は、ドライフリーで、 初めてノック式のローラーボールが、生まれました。

『デザイン』という言葉は、よく誤解されます。 形、形状を表す言葉だと思われがちですが、大きな間違いです。 一言でいいますと『デザイン』とは、商品を創る時の総合プロデュースのようなことです。 形、形状の美しさを考えるのはもちろんですが、さらに機能的なことや、経済的な点等 多くの要素について、総合的に独創的で明確な答えを出すことだと言えます。 そういう意味で、このスウィフトは、素晴らしい『デザイン』の作品です 。

店頭で 接客をしていて、お客様にクレジットのサインをいただく時などに、 このスウィフトをお渡しすることがあります。

すると、何名かの方が、その書き心地の滑らかさに感動されて、 色々と質問をされます。 1本のペンを通じて、お客様とのコミュニケーションができる。 とても嬉しい瞬間です。

おすすめ記事

  1. 手帳選びの決め手!!
  2. 宮崎のデサキ初参加です!
  3. オエステ会オリジナル文房具「Stationer’s(…
  4. 加圧式ボールペンを「水中で使える」は本当なのか?!
  5. 【3月30日~4月1日】文具と紙と暮らし市を開催いたします。
  6. 『西郷どん』オープニングで流れる神秘のエメラルドグリーンの滝「雄…
  7. 線が消える魔法のノートが間もなく登場します。
  8. ぶんぶん堂のバイヤーが必ず持ち歩く名品のご紹介です!

関連記事

  1. 『maruman week』図案スケッチブック60周年を記念
  2. 神戸 三宮に白煉瓦の画材コーナー
  3. フエキくんグルー Stationer’s が好評発売…
  4. 今一度オススメしたい『書かれる物』としてのLiFEのノート
  5. 多山文具の春イベントのお知らせ
  6. 書いたらやみつき『トラディオプラマン』
  7. 地元のお祭りがアツイ!どんどん高松花火大会
  8. ご当地アイテム追加発売!ちょっと粋でかわいいお手紙を書こう

最近の記事

PAGE TOP