文具界のトリコロールといったら消しゴムブランドMONO

こんにちは。晴れの国おかやまの文具専門店うさぎやのイザワです!
さてみなさん、青白黒の3色を目にするだけで、ちょっと、文具好きの方なら、無意識に頭に描いてしまうのがMONO消しゴム、ですよね。
このMONOブランドの3色、なんと色彩商標登録の国内第一号なのです!
色だけで商標登録がされているのは国内企業では数社しかないのですよ。
50年以上、このカラーリングは変わらず日本で、世界で愛されてきたのです。

MONO消しゴムが生まれたのは1969年。
でもその2年前に実は鉛筆のおまけでついてたのがはじまりだとか。笑

当時発売された最高級鉛筆が消しゴムで消えやすいという質の良さを伝えるためにダースにセットされたのだそうです。
それが、この消しゴムいいじゃないかっっなんて世の中の人に求められたんですね。

その後どんどん品質改良されたりMONO消しゴムは消しゴムの代名詞?ぐらいの認知になってきましたが、50年このブランド名と基本デザインはずっと変わってないのですよねー。そしてMONOブランドの派生はめざましくて、修正テープは国内トップシェアになってるし、MONO消しゴムが繰り出してたくさん使えるモノグラフシャープペンシルはその機能とスマートなデザインが独走してるし、で、ここ最近はますますやっぱMONOブランドだなーなんて文具店の店員としては感じることが多いです。

↓MONOファミリー

この間たまたまトンボ鉛筆さんに聞いたのですけど、プラスチック消しゴムは海外で安いものやMONO類似品がたくさん出てくるのが悩ましいけれど、極細消しゴムのモノゼロはさすがに真似できないようです、と言われてて、なんだか日本人として誇らしい気がしましたー。
その精密性、技巧は50年培われてこそなんだなーなんて。

そんなわけで、まるで回し者のような内容になっちゃいましたが、こうやって信頼ができる品物を作ってもらってこその我々文具店なので、リスペクトを込めて、その一例をご紹介しましたー。

おすすめ記事

  1. オリジナルポストカード開発(前編)
  2. SHINPUKUアクロアスプラザ与次郎店がオープンしました。
  3. これから、アルバイト・パートをしようとお考えの方へ 採用担当者が…
  4. 今にも動きだしそう!備長炭でできた『とるまワンコ』
  5. オエステ会in名古屋 パイロットインキ工場見学
  6. 【祝】「潜伏キリシタン関連遺産」世界遺産登録!長崎美景とペンフェ…
  7. 2017年ありがとうございました!霊峰石鎚山へ年末のご報告
  8. オエステ会オリジナル文房具「Stationer’s(…

関連記事

  1. ~廣島インクで貴方もインク沼の秋~
  2. ながさきの魅力を届ける文房具できました。
  3. 境港市にクルーズ船ターミナルが完成!
  4. 方言がキツイ岡山
  5. 8月3日は「ハサミの日」
  6. 液状糊の代名詞「アラビックヤマト」の秘密教えます!
  7. 万年筆の世界へようこそ!万年筆デビューをお手伝いするセミナー開催…
  8. 夏休みの宿題のための絵の具選び

最近の記事

PAGE TOP