プラチナ プレスマン 0.9mmもクルトガに変身

こんにちは、本日の担当をさせて頂くナガサワ文具センターの浜口です。

本日は、三菱鉛筆から発売されている芯が廻って尖る機構をもつクルトガについてNEWクルトガ?をご紹介させて頂きます。
クルトガは、0.3mm 0.5mmはあるもののそれより太い芯を採用している商品は、現在 発売されていません。
そこで今日は、新旧のプラチナ万年筆より発売されている プレスマン 0.9mmを使って実験することにしました。
実験の前にプレスマン 0.9mmについて少し触れてみることにいたしましょう。

プレスマンは、1978年発売以来、37年ぶりに外観はそのままで、快適性を改善し2年前の2017年6月にリニューアルしました。
ロングセラー商品のプレスマンは、新聞記者や速記士向けに発売当時は開発されました。多くの文字を筆記具として当時の
主流の0.5mmから0.9mm芯の採用で発売されました。芯を太くしセーフティー機構が芯をスライドさせ速記中の起こる強い
筆圧から芯折れを防ぐ機構が搭載されています。また、通常芯より40mm長い100mmのロング芯と2Bが採用されました。
そのロングセラー商品が、日本でのシャープ誕生100周年に合わせてリニューアル発売されました。
リニューアルされた商品は、ノック音の低減やスライド防止など改善されロゴマークも変更となりました。

さて本題のプレスマン クルトガ計画に進んで行きましょう。
プレスマンの重量は、開発当時の筆記具の主流が鉛筆だったために軽量化にも拘りがあったそうです。
芯を尖らせる事に思案いたしました。そうだ!…ひらめきました。そんな大した発見ではないのですが…
鉛筆やホルダー芯を尖らせる芯研器を使ってみることにしてみました。
0.9mm芯がなんとピンピンに上手く尖ってくれました。
今日使ったステッドラー製の芯研器で2mm芯用のため穴入れてから少し上の刃にあたるように上斜めに差し込むと
上手に尖ってくれます。2本の新旧プレスマンの芯を尖らせてみました。

ひと手間を加える事で【クルトガ】?0.9mmの完成です。
ノートにも芯を尖らせた筆跡と尖らせることの無い筆跡を比べてみました。
はっきりと差が出て自己満足の世界に浸ってしまいました。あ〜感動!(笑)

おすすめ記事

  1. 商品に寄せる熱い思い ~コクヨ100周年記念「書翰箋(しょかんせ…
  2. オリジナルポストカード開発(後編)
  3. インクの秘密について
  4. 線が消える魔法のノートが間もなく登場します。
  5. 中高生にブームの高級シャープペンー原点はスマッシュにありー
  6. 2018年もありがとうございました!お正月必須アイテムぽち袋のご…
  7. 多山文具の春イベントのお知らせ
  8. 鉛筆の正しい持ち方教えます!

関連記事

  1. 島根県の蕎麦はなぜ黒いのか!三大蕎麦のひとつ出雲そばについて!
  2. 色鉛筆って消しにくい!を解決する消しゴム
  3. 西郷どんだけじゃない!維新150年に盛り上がる鹿児島の名所
  4. 蛍光ペンを検証しました!
  5. 地面に突き刺さる道路?!はたまた地面から生える道路?!手結港可動…
  6. 人気のパチェリエ イベント開催!パズル感覚でパチェリを体験できち…
  7. なぜ油性ボールペンにブルーブラックが無いのか?
  8. 大阪・光の饗宴2019

最近の記事

PAGE TOP