文房具も方言があり、商品名も様々!

こんにちは文具マイスターパピアの隅田です。今回は文房具の呼び名にスポットをあててみたいと思います。

一般にはダブルクリップですがターンクリップ、バインダークリップなど呼び名は様々です。どのエリアでどう呼ばれているかは詳しく存じ上げませんが、私が東京で就職しておりました会社ではターンクリップと呼ばれおりました。商品パッケージ、カタログ掲載の呼び名はすべてダブルクリップですが、ウィキペディアではターンクリップが主呼称で出ております。クリップ上部をターンするのでターンクリップ、形状がWの形なのでダブルクリップを語源としておりますが、皆様はどのように呼ばれてますか?


次に一般には用箋挟です。当店にお越しになられるお客様の大半は「バインダーありますか」と聞かれます。バインダーを紐解けば文書や資料を保存する文房具の一種とされ、バインダークリップ、用箋挟を含むらしいです。用箋挟を紐解けばクリップボード、ペーパーホルダー、紙挟みなどこれも様々な呼称を持っております。

さて今回の本題は模造紙です。模造紙とは大蔵省印刷局の局紙をまねた紙が外国で作られ、これを模した紙が日本で製造され模造した紙で模造紙と呼ばれるようになったそうです。紙としては上質紙のことで規格は四六判サイズ(1091mmX788mm)のものを指しております。

さて我が香川県ではいかに呼ばれているかご存知でしょうか?四国中央市から香川県にかけて(範囲は諸説ありますが)「とりのこ用紙」と呼ばれております。これは雁皮やミツマタを主材料とする和紙「鳥の子紙」があり、この和紙に対抗する洋紙として作られた紙なので「とりのこ用紙」と呼ばれるようになったそうです。
また他県では愛知、岐阜では「B紙」、新潟では「大洋紙」、富山では「ガンビ」など地方によっては名称が変わるそうです。
さらに藁半紙も香川県では「試験用紙」と呼んでおります。
場所が変われば呼び名が変わることが文房具にもあることをご存知でしたか?ひょっとすると皆様の県では当たり前の呼び名が全国では違うものがまだまだあるかもしれません。またこのようなネタが見つかった際にはご紹介させていただきます。

おすすめ記事

  1. オエステ会IN神戸 新店ナガサワ文具センターパピオス明石店視察と…
  2. 手書き年賀状に挑戦!オススメ筆ペンご紹介
  3. オエステ会人気商品 万年筆プレラの新商品情報…ちょこっと教えます…
  4. 【インク沼】オリジナルインク新色発売!
  5. 朝の文房具と文房具妄想のはなし。
  6. 島根県出雲市では神無月が神在月になる?!八百万の神々が集まる神在…
  7. 宮崎のデサキ初参加です!
  8. 線が消える魔法のノートが間もなく登場します。

関連記事

  1. 大変身!石丸文行堂HPが、もっと見やすく楽しいページへ。
  2. そろそろ年末!最近よく寒中見舞い葉書が良く売れています。
  3. ホワイトボードマーカーの秘密
  4. トンボ鉛筆お名入れ実演販売!
  5. 温泉、砂蒸しだけじゃない!南薩の旅。スヌーピー山の正体とは?
  6. 明治維新150周年。鹿児島は今「西郷どん」が熱い!
  7. 讃岐のグルメをご堪能あれ!うどんだけじゃない香川県
  8. オエステ会 IN 高知 高知城が見守る10周年記念企画とカツオ三…

最近の記事

  1. 穴(あな)
PAGE TOP