測量野帳の巻 第一弾

こんにちは、ナガサワ文具センターの浜口です。

本日は、測量野帳について詳しく調べてみた事を報告させて頂きます。
測量野帳。その名の通り測量をする測量士の為に1959年にコクヨから発売されたロングセラー商品です。
「LEVEL BOOK」「TRANSIT BOOK」「SKETCH BOOK」と罫線が3種類あります。
野外でも片手で筆記しやすく耐久性のある硬い表紙と作業員のポケットに入るサイズになっています。

3種類の罫線について調べてみました。
「LEVEL BOOK」高さを測る水準器を使う測量に適しています。6mmヨコ罫に20mm間隔の朱色タテ罫
「TRANSIT BOOK」角度を計測する測量に適しています。右ページは7mmヨコ罫に2.75mmのタテ罫
「SKETCH BOOK」図面を書いたりメモ帳などに幅広く活用されています。3mm方眼罫
コクヨ 測量野帳 WEBサイト
測量野帳をこよなく愛する人をヤチョラーを呼ばれるそうです。
ヤチョラーが野帳使い、ヤチョリストが愛好家。ヤチョリアンは伝道者です。
伝道師までいるとは、恐れいりました。お客様の商品への思い入れの強さに本当に脱帽です。
4名のヤチョラーのインタビュー
春の行楽シーズンには、六甲山に行ってスケッチをしたい気分になりました。次回は、六甲山から測量野帳を報告いたします。

おすすめ記事

  1. 線が消える魔法のノートが間もなく登場します。
  2. 不要になったクリヤホルダーの活用法をお教えします。
  3. 中高生にブームの高級シャープペンー原点はスマッシュにありー
  4. 年賀状にまだ間に合う! 万年筆のペンクリニック開催! in 文具…
  5. 和紙テープ?マスキングテープ?その違いは何なのか調べてみました!…
  6. オリジナルポストカード開発(前編)
  7. ぶんぶん堂のバイヤーが必ず持ち歩く名品のご紹介です!
  8. オリジナルポストカード開発(後編)

関連記事

  1. シャープペンシルの消耗品のあれこれ
  2. 万年筆DE年賀状
  3. マッキーワークの魅力
  4. 文房具マメ知識~ボールペン選びに迷ったら?~
  5. 2本の不思議な万年筆
  6. ミイラ取りがミイラになる事例
  7. 8月3日は「ハサミの日」
  8. 手帳選びの決め手!!

最近の記事

PAGE TOP