ジョージに愛され、宇宙へ旅したサインペン!

こんばんは。
岡山の文具専門店うさぎやの源野です。
売れては消えていくアイドルのように、大爆笑に包まれては消えていく芸人のように。
流通の波で目まぐるしく発売されては廃番になっていく商品たち・・・・。
入れ替わりが激しいのは文具業界も同じで。
そんな中、1963年から54年も愛され続けている商品がコチラ。

ぺんてるサインペンS520 100円(税抜)

なんと、
うさぎやの社長ジョージもずーっとずーっと愛用しています。
特に青色は常備マストアイテムです(笑)。

ぺんてるさんのエピソードを少し紹介しますと、
油性マーカーが主流だった当時、裏写り防止や細字を書く為に開発されたそうです。
発売当初は売れなかったものの、国際文具見本市で配ったサンプルを当時のアメリカ大統領が気に入り 大量発注され、その後NASAにも認められて公式にスペースペンとして使われた、 100円ながら結構すごいペン!!

ストレスのない書き心地・・・!
レトロながら無駄なく美しいフォルム・・・!

ロングセラーにはやはりそれなりの理由があるんですね、きっと。
そういう私も職業柄いろいろな筆記具を使ってきましたが、
いつも常に机の上にある筆記具のひとつはこのサインペン達です。

おすすめ記事

  1. 紙にはいくつか規格があります。レッツスタディ!
  2. 海外では青インクのボールペンが主流って本当?
  3. 加圧式ボールペンを「水中で使える」は本当なのか?!
  4. 『西郷どん』オープニングで流れる神秘のエメラルドグリーンの滝「雄…
  5. 【祝】「潜伏キリシタン関連遺産」世界遺産登録!長崎美景とペンフェ…
  6. しんぷくオリジナルマスキングテープ新発売。西郷どんや黒豚がマステ…
  7. 文具生活のゴールデンウィークいらっしゃい!(文具生活リトルノ高松…
  8. 液状糊の代名詞「アラビックヤマト」の秘密教えます!

関連記事

  1. 消しゴムから修正テープへ 消すことの変遷について
  2. タヤマンのオリジナル商品
  3. 石丸文行堂公式Twitter中の人の愛用品を隠し撮りしました!
  4. 3月25日発売!!話題のオエステ会限定プレラ「パロットグリーン」…
  5. オリジナルノートを作りませんか?
  6. オロシティー夏祭り2017、フィナーレは花火で。
  7. この書き心地ペンじゃなくて紙なんだ
  8. 普通にスゴイ!ハサミの構造

最近の記事

PAGE TOP