紙の厚さの表記が違って困っている方へ!紙の厚さを表す3つの表記とは?

こんにちは。鹿児島の㈱しんぷく卸本町店の松山です。

紙を買いに来たけど、厚さの表記がバラバラでわからない!こんな経験をされたことはありませんか?
当店でも、多くのお客様に紙の厚みの件でお問い合わせをいただきます。
正直、お店のスタッフでも連量135㎏って坪量で何g/㎡と聞かれてわかる人は少ないです。

紙の厚みを表す単位には大きく「連量(㎏)」、「坪量(g/㎡)」、「紙厚(μm)」の3つあるようです。
①連量:1連(全判用紙1000枚)あたりの用紙の重量のことです。
主に用紙取引の際に使用される単位で、印刷会社や製紙会社で広く使われます。
②坪量:1㎡あたりの用紙1枚の重量のことです。一般的にはコピー用紙などに表記されています。
③紙厚:紙の厚みを表す単位で「μm」で表記されますが、連量や坪量を使うのが一般的のようです。
ミクロン(μ)=千分の1ミリ

当店でよく売れています上質紙ですが、表記は〈90K〉(4/6判換算)とあります。これは四六判(788㎜×1091㎜)という紙の大きさの紙が1000枚の時の重さが90㎏ある紙の厚さということになります。
この〈90K〉の紙の厚さを坪量で表記すると104.7g/㎡になります。紙厚では、124μm(0.124㎜)となります。

わかりにくいので、表にしてみました。

連量から坪量を計算するときは、連量÷0.86をしてあげると出すことができます。
先ほどの例の連量<90K>なら 90÷0.86=104.65(約104.7)となります。

ちなみに、年賀状は厚さ0.22㎜相当なので、四六判の連量では180㎏が一番近くなります。
もし、はがき(年賀状)ぐらいの紙の厚みの用紙がほしい場合は、連量135~180㎏または、坪量157g/㎡~209.4g/㎡の用紙をお探しください。

かなりマニアックなお話でしたが、少しでもお役にたてたなら幸いです。

 

おすすめ記事

  1. 商品に寄せる熱い思い ~コクヨ100周年記念「書翰箋(しょかんせ…
  2. 手帳選びの決め手!!
  3. オリジナルポストカード開発(前編)
  4. 年に一度の!ペンコレクションの季節がやってきました~!
  5. 文具生活の~みんなで研修!inオフィスサポートセンター
  6. リーガルパッドとiPad
  7. オエステ会in名古屋 パイロットインキ工場見学
  8. オエステ会 IN 長崎 長崎は今日も雨だった。新商品続々!白熱の…

関連記事

  1. 大阪・光の饗宴2019
  2. 神戸開港150年。開港150年を記念して波止場レアロとレクルを発…
  3. 瀬戸内海に浮かぶ「笠戸島」探訪!下松出身の軍人長岡外史氏の髭が立…
  4. 今年もやってくる!長崎、秋の大祭「長崎くんち」
  5. 夏休みにぬりえとタヤマンを〜多山文具各店で受付中。8月31日まで…
  6. 線が消える魔法のノートが間もなく登場します。
  7. 文具専門店うさぎやの公式通販サイトオープンしました!オリジナル商…
  8. KANASAI文具市に出店しています。

最近の記事

PAGE TOP