レジ袋有料化

こんにちは、CrossLandの松本です。

2020年7月1日からついに「レジ袋の有料化」がスタートしました。
弊社では約1年前も前からこの「レジ袋有料化」に対し様々な準備を行ってきました。

本日は「レジ袋有料化」のルールと弊社の対応についてお話ししたいと思います。

プラスチック製買物袋有料化制度の概要
2019年5月に「プラスチック資源循環戦略」の重点戦略の1つとして「レジ袋有料化義務化」が決定されました。
すべての小売業は原則1円以上の有料化を行なわなければなりません。プラスチック製買物袋を有料化することにより辞退率を高めプラスチック資源の使用を抑制していくことを目指しています。

では、有料化しなくてよい「対象外の事例」をご紹介しましょう。

1.素材がプラスチック製でないもの。(紙袋など)
2.一定の厚み(50マイクロメートル以上のもの)
3.海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの
4.バイオマス素材の配合率が25%以上のもの
5.持ち手のない袋(食品売場などで生鮮食品等を入れるための小分け袋など)
6.商品を入れない袋( 景品、賞品、試供品、有価証券 商品券、ビール券等)
7.フリーマーケットへの出品等 事業としての反復継続性が認められない小売業。

2は繰り返し使用するため、3や4は分解され自然界へと循環する性質を持つために対象外とされています。
2から4は素材のアピール表示が必要です。

弊社では「既存の袋を有料化する」など様々な可能性を考慮しましたが、他店との差別化、真のプラスチック資源の循環のため、使い捨てレジ袋を完全廃止することとしました。そしてお客様に対し マイバッグ持参を推進するため、魅力があり安価に買えるオリジナルのエコバッグの開発を目指しました。当店での日々のお買い物だけでなく、普段使いもできるシンプルだけど インパクトのあるデザイン。日本であまり馴染みのないサイズ感でありながら 四つ切りの画用紙が入るなど実用性のあるエコバッグを目指しました。

小(グレー) 90円・中(ブルー) 110円 大(ホワイト)120円 プレミアム感を出すため定期的にデザインの変わる限定柄130円の4種を発売しました。
6月中旬より当店では先駆けてプラスチック製使い捨てレジ袋を廃止しエコバッグの販売を行っています。お客様の中にはお買い物用ではなく、エコバッグをコンプリートでご購入いただく方もおられ、ひとまず気に入って頂いただいているようです

おすすめ記事

  1. ロングセラー商品 ぺんてるKERRYの奥深さ
  2. 讃岐のグルメをご堪能あれ!うどんだけじゃない香川県
  3. 多山文具の春イベントのお知らせ
  4. これから、アルバイト・パートをしようとお考えの方へ 採用担当者が…
  5. スタイリッシュな相棒 ハズキルーペは大きく見えるんです
  6. 新年のご挨拶
  7. オリジナルポストカード開発(後編)
  8. 文房具と化学

関連記事

  1. タモリさんもやって来た天領地倉敷!
  2. 内緒ですが・・・万年筆・ボールペン・鉛筆・マーカーなど筆記具の正…
  3. ドイツで夢の手帳を発見する
  4. 消しゴムは、使ってみなけりゃ分からない~
  5. カラーを遊んで「書く」をもっと楽しもう!黒じゃないダーク系インク…
  6. 西日本では割と「物差し」のことを「さし」と言いますが、実は標準語…
  7. 日本製ノートはやはり素晴らしい!オエステ会推奨「ライフ ノーブル…
  8. ぶんぐっちぬりえを作りました!

最近の記事

PAGE TOP