8本の筆記具・・・

私の万年筆(筆記具)・・・・

ナガサワ文具センターの浜口です。
本日のお題目は、私の万年筆(筆記具)を掲載させて頂きます。3本差しのペンケースには、スケルトン3羽ガラスをいつも持ち歩いています。ナガサワオリジナル万年筆 Proske 煉瓦倉庫Ver. 昨年末にリリースさせて頂いたBlack Proske 最後に趣味の文具箱オリジナルのスケルトンプロギアの3本になります。
084
手前のインク補充ノートに【吸入日時】【万年筆名称】【補充インク】を記載しています。どの万年筆にどのインクを補充したか?皆目覚えることが出来ないからです・・・(笑)もう一つのペンケース+ジョッタにはLAMYの限定オレンジとジャパンモデルに加えてPILOTキャップレスマットブラック(PEN先特殊仕様)が普段使いの6本になります。LAMY2000番4色BPにはゼブラBP0.4mmBP芯にチューニング?(言うほどの代物ではありませんが・・・・)とステッドラー(廃盤)LEGシャープ 0.3mmの総勢 8本の筆記具をいつも持ち歩いています。
080
5本差しのペンケースには、裏面にジョッターがついていてとても便利です。コレクトC-357 3mm罫5×3サイズの情報カード5枚程度忍ばせています。文房具は、道具ですが使い方によっては”相棒”にもなる優れものです。万年筆は、メンテナンスが他の筆記具に比べれ手間がかかります。その分可愛さも倍増する筆記具です。その日の気分で字幅も文字の大きさまでも微妙な変化をいたします。これは、毎日使っているとその変化に気がつきだします。手帳を見返してみてご自身の書かれた時の感情を思い起こしてみて下さい。その時の振り返りつながり当時の様子(感情までも思い出します)是非、手帳を改めて見返してあげて下さい。
小さな発見があるかもしれません・・・私は、小さな文字を手帳一杯にぎっしり詰めてかくことが大好きです。 余白がなくなるまで記入した手帳を見返すと思わず クスッと微笑んでしまいます。先日、万年筆クリニックで同じようなお客様を見かけた時は、すかさずお声掛けさせて頂き意気投合いたしました。世の中に同じような趣味の方に出会うと嬉しくなります。文房具(筆記具・手帳)を通じてこうして出会えたお客様に感謝の気持ちで一杯になりました。
086

投稿者プロフィール

ナガサワ文具センター
ナガサワ文具センター地元神戸を中心に特長ある店舗展開をしています。
明治15(1882)年創業の文房具専門店で、地元神戸を中心に特長ある店舗展開をしています。
神戸・三宮の本店では一般文房具から画材まで豊富なアイテムを展開、併設された万年筆専門店「PenStyle DEN」は
大人のこだわりショップとして数多くのオリジナル商品を取扱いしています。(2016年6月現在10店舗)

おすすめ記事

  1. 採用担当者が採用したいと思う履歴書の書き方
  2. 【ごほうびフェスタ】文具と紙と雑貨、時々、スイーツ
  3. 西郷どんだけじゃない!維新150年に盛り上がる鹿児島の名所
  4. オリジナルポストカード開発(後編)
  5. オエステ会IN神戸 新店ナガサワ文具センターパピオス明石店視察と…
  6. インクの秘密について
  7. 【祝】「潜伏キリシタン関連遺産」世界遺産登録!長崎美景とペンフェ…
  8. 線が消える魔法のノートが間もなく登場します。

関連記事

  1. トンボ鉛筆お名入れ実演販売!
  2. 困ったぁ!!瞬間接着剤が手についたときの対処法
  3. 緑色のスゴイやつ!
  4. ★文具店TAG★オリジナル文具~ボトルインク・ペーパー~
  5. あなたの文字がいつもより綺麗になる?!usagiya pen c…
  6. 私の初めての高級万年筆 パイロット「ジャスタス95~Justus…
  7. 山口県のゆるキャラ知っちょる?!
  8. 万年筆の世界へようこそ!万年筆デビューをお手伝いするセミナー開催…

最近の記事

PAGE TOP