フエキくんグルー Stationer’s が好評発売中!

大阪のギフショナリー・デルタの前田です。

桜の季節もあっという間に過ぎ、新緑の眩しい季節となりました。一般的に文房具店は年末年始と3月、4月の時期が繁忙期であり、5月のゴールデンウィークまでは、店内がお客様で賑わうお店が多いものです。

オエステ会は2019年1月をもちまして、結成から丸10年が経ちました。最初は6社から始まった西日本の文房具小売専門店の会は、今や東は京都から西は鹿児島まで12社が集まる会となりました。10周年の今年は例年よりも多くのオエステ会オリジナル商品の発売を予定しておりますが、その中でも一番手で発売された商品が不易糊工業製の「フエキくんグルー Stationer’s」です。当商品はオエステ会のオリジナルデザインで、「Stationer’s」というオエステ会のブランドシリーズのイメージをデザインしています。

フエキくんは老若男女問わず広く知られているブランドで、幼少期にはどうぶつのりというでんぷん糊の入れ物としてみなさま一度は目にしたこと、手にしたことがあるのではないでしょうか。この「フエキ糊どうぶつシリーズ」は1975年(昭和50年)に発売されて、 今年で44歳を迎えます。実は私と同い年です。同い年の仲間の文房具としては、コクヨのキャンパスノートも同い年なのです。なんだか文房具店に勤めるものとしては、ロングセラーのヒット商品たちが同い年というのはとても嬉しく思います。

そんな中で今回、オエステ会が発売したのは、かわいらしいフエキくんのケースに液状のりが入った商品で、頭の部分を回して胴体を外すと、液状のりのスポンジ部分が現れます。使い方は一般的な液状のりと同じ。フエキくんの顔を絞ってのりを塗っていただけます。何だか写真で見るとシュールな絵面になってしまいました。(笑)

このフエキくんが身にまとっている服がオエステ会のブランド、「Sationer’s」のデザインとなっており、ユーズドデニムとヒッコリーデニムの2種類があります。とてもかわいいデザインに仕上がっていますので、デスクサイドにマスコットのように立てて頂いてもよいのではないでしょうか。

実はこのフエキくん。4月19日(金)に発売になったのですが、同日から3日間、私の台湾出張に同行してくれました。いろんな場所を一緒に回ったのですが、店舗視察に行ったお店の先々で、仲間に出会うことができました。台湾でも人気があるのですね。某●ィズニーやサ●リオと同じように、万国共通で愛されるキャラクターデザインというのがあるのでしょうね。

そしてこの「フエキくんグルー Stationer’s」にはもうひとつお知らせしなければならないことがございます。お客様のご支持のもとに、10周年を迎えることができたオエステ会が、社会に、世界に何かお返しすることが出来ないかと話し合った結果、この商品の売上金の一部を社会貢献活動に寄付することとなりました。商品にも小さく案内はさせて頂いておりますが、1年間の活動が終わる際に改めて結果をご報告させて頂きますね。

ここから年末にかけてまだまだオエステ会のオリジナル商品が発売となります。随時ご紹介してまいりますので、これからもオエステ会、オエステ会加盟店をご愛顧賜りますようよろしくお願いいたします。

おすすめ記事

  1. 高松を見守る「赤灯台(せとしるべ)」は世界初の美灯台
  2. ミイラ取りがミイラになる事例
  3. 海外では青インクのボールペンが主流って本当?
  4. 文具店tagが12店舗になりました!寺町三条店オープン!
  5. オリジナルポストカード開発(後編)
  6. 不要になったクリヤホルダーの活用法をお教えします。
  7. 2017年ありがとうございました!霊峰石鎚山へ年末のご報告
  8. 文具生活のゴールデンウィークいらっしゃい!(文具生活リトルノ高松…

関連記事

  1. 色鉛筆の特徴と違いについて
  2. ぶんぶん堂主催の文房具イベント「文具サーカス」の開催が決定しまし…
  3. ホワイトボードマーカーの秘密
  4. タヤマン発オリジナルインクに新色が登場
  5. 画用紙の四つ切りってどんなサイズ?
  6. 文房具をもっと楽しく!ステーショナーズ好評発売中
  7. 次の年号に活躍するアルバムは??
  8. 温泉、砂蒸しだけじゃない!南薩の旅。スヌーピー山の正体とは?

最近の記事

PAGE TOP