日本が誇る名作鉛筆「ハイユニ」の謎に迫る!

皆さまこんにちは、ぶんぶん堂の木村です!
私が働き始めたからずっと絶対に机の上に置いているもの、それは三菱鉛筆の名作鉛筆「ハイユニ」です!今回は鉛筆の歴史や豆知識、更にハイユニの素晴らしさについて書いていこうと思います!

まずはこちらをご覧ください!


ジャジャーン!ということで愛用のハイユニさんです!一目で分かるこのえび茶色、そして驚きの22硬度が揃っている個人的に最強の鉛筆です!一般的な鉛筆は6B ~ 9Hの17段階ですが、このハイユニはさらに5硬度(10B、 9B、 8B、 7B、 10H)を追加!硬度幅は世界最多なのです!

ちなみにいつも使っているのは「F」、FIRM(ファーム:しっかりした)という意味で、HとHBの中間の濃さと硬さです!


ところで普通のユニに比べてハイユニが優れている大きな点は「芯の質」です!
鉛筆の芯は黒鉛と粘土を配合して作られているのですが、ハイユニはこの黒鉛と粘土の不純物が非常に少なく、微粒で均一に配合されています!そのため滑らかな書き心地に加え、折れにくいという特徴があります!また色の濃さも均一になるので、製図やデッサンなどをする際には大きなメリットになります!
筆圧をそれほどかけなくてもしっかり書けるためか、芯の減りが遅いと感じる人もいるほどです!

そして更に!


ユニ鉛筆の全般になりますが、軸木には主にアメリカ・カリフォルニア州のシエラ・ネバダ山中に育つインセンスシダーが使われています!
香りが強いのが特徴で「鉛筆を削った時に良い香りがしたら勉強も楽しくなるだろう」という思いからこの木が選ばれています!

そういえば子供のころはよく鉛筆を噛んでいましたが、シャリシャリしてほんのり良い香りがして…
なんとなく美味しかった思い出があります!


そして圧巻の22硬度!私はデッサンが苦手ですが、お好きな方からすると阿鼻叫喚レベルなのではないでしょうか!

ここで約40年前にコロコロコミックに掲載された、
伝説の受験バトル漫画「とどろけ!一番」からの1コマをどうぞ!

四菱ハイユニマグナムショットって何だ?!
また1つ謎が増えましたね!

ぶんぶん堂の木村でした!

おすすめ記事

  1. 意外と知られていない?筆記具の部品
  2. SAKURA craft_lab(サクラクラフトラボ)に新商品0…
  3. レイメイ社ダヴィンチの4月始まりのシステム手帳リフィルは存在する…
  4. スタイリッシュな相棒 ハズキルーペは大きく見えるんです
  5. 【祝】「潜伏キリシタン関連遺産」世界遺産登録!長崎美景とペンフェ…
  6. 熊本もいろいろあるよ!
  7. 手帳選びの決め手!!
  8. 法律家の為に…生まれた万年筆

関連記事

  1. 日本製ノートはやはり素晴らしい!オエステ会推奨「ライフ ノーブル…
  2. NEW SHOP 「FIRST POINT ON LEGAL P…
  3. 方言がキツイ岡山
  4. 2本の不思議な万年筆
  5. この書き心地ペンじゃなくて紙なんだ
  6. 高松の商店街探訪 私のルーツは高松丸亀町商店街で始まりました
  7. カッターナイフを使いましょう!
  8. オリジナルポストカード開発(前編)

最近の記事

PAGE TOP