日本が誇る名作鉛筆「ハイユニ」の謎に迫る!

皆さまこんにちは、ぶんぶん堂の木村です!
私が働き始めたからずっと絶対に机の上に置いているもの、それは三菱鉛筆の名作鉛筆「ハイユニ」です!今回は鉛筆の歴史や豆知識、更にハイユニの素晴らしさについて書いていこうと思います!

まずはこちらをご覧ください!


ジャジャーン!ということで愛用のハイユニさんです!一目で分かるこのえび茶色、そして驚きの22硬度が揃っている個人的に最強の鉛筆です!一般的な鉛筆は6B ~ 9Hの17段階ですが、このハイユニはさらに5硬度(10B、 9B、 8B、 7B、 10H)を追加!硬度幅は世界最多なのです!

ちなみにいつも使っているのは「F」、FIRM(ファーム:しっかりした)という意味で、HとHBの中間の濃さと硬さです!


ところで普通のユニに比べてハイユニが優れている大きな点は「芯の質」です!
鉛筆の芯は黒鉛と粘土を配合して作られているのですが、ハイユニはこの黒鉛と粘土の不純物が非常に少なく、微粒で均一に配合されています!そのため滑らかな書き心地に加え、折れにくいという特徴があります!また色の濃さも均一になるので、製図やデッサンなどをする際には大きなメリットになります!
筆圧をそれほどかけなくてもしっかり書けるためか、芯の減りが遅いと感じる人もいるほどです!

そして更に!


ユニ鉛筆の全般になりますが、軸木には主にアメリカ・カリフォルニア州のシエラ・ネバダ山中に育つインセンスシダーが使われています!
香りが強いのが特徴で「鉛筆を削った時に良い香りがしたら勉強も楽しくなるだろう」という思いからこの木が選ばれています!

そういえば子供のころはよく鉛筆を噛んでいましたが、シャリシャリしてほんのり良い香りがして…
なんとなく美味しかった思い出があります!


そして圧巻の22硬度!私はデッサンが苦手ですが、お好きな方からすると阿鼻叫喚レベルなのではないでしょうか!

ここで約40年前にコロコロコミックに掲載された、
伝説の受験バトル漫画「とどろけ!一番」からの1コマをどうぞ!

四菱ハイユニマグナムショットって何だ?!
また1つ謎が増えましたね!

ぶんぶん堂の木村でした!

投稿者プロフィール

株式会社きさらぎ
株式会社きさらぎ1995年にオープンした山陰地方最大の文具専門店
ぶんぶん堂は1995年にオープンした山陰地方最大の文具専門店です。驚き、喜び、閃きを見つけられる“ステーショナリーサーカス”というコンセプトのもと日々営業しています。また広い店内には専門的なニーズに応える豊富な品揃えと、海外のユニークな商品が並び、地域のお客様を楽しませています。

おすすめ記事

  1. 2018年第一回目のオエステ会議! 古都京都でオリジナル新商品続…
  2. SHINPUKUアクロアスプラザ与次郎店がオープンしました。
  3. 年賀状にまだ間に合う! 万年筆のペンクリニック開催! in 文具…
  4. 2017年ありがとうございました!霊峰石鎚山へ年末のご報告
  5. オエステ会IN神戸 新店ナガサワ文具センターパピオス明石店視察と…
  6. 手書き年賀状に挑戦!オススメ筆ペンご紹介
  7. フリクションボールの秘密 10周年記念パック発売中 替芯1本サー…
  8. 地元のお祭りがアツイ!どんどん高松花火大会

関連記事

  1. 西日本では割と「物差し」のことを「さし」と言いますが、実は標準語…
  2. 2018年度 あんふぁんランドセルのフェアを開催!(鹿児島 文具…
  3. ~カープ愛に溢れる広島で売れている文具~
  4. そろそろ年末!最近よく寒中見舞い葉書が良く売れています。
  5. 日本交通株式会社代表取締役会長 川鍋一朗
  6. 「右へまわすとシャープペンシル、左へまわすとボールペン」のキャッ…
  7. 新春のお楽しみ福袋のご紹介 文具のしんぷく
  8. 万年筆を蘇らせる巧みの技(神の手)

最近の記事

PAGE TOP