レイメイ社ダヴィンチの4月始まりのシステム手帳リフィルは存在するのか?

レイメイ社ダヴィンチの4月始まりのシステム手帳リフィルは存在するのか?
答えは『ノー』です。

その理由は?

この時期になると「ダヴィンチ4月始まりのシステム手帳リフィルっていつ入るんですか」って?質問を良く承ります。
そこで「4月始まりって無いんですよ」ってお答えすると、驚きの表情がかえってきます。
「なぜ?今、4月始まりを使ってますよ。」とお持ちの3月のページ見せながら納得いかない様子。
このような光景が毎年よくおきているのです。

そもそもレイメイ社のダヴィンチのリフィルは2018年12月~2020年3月の16ヶ月間のページで販売しており、
他メーカーで言う1月始まりと4月始まりの両方の期間を併せ持った形になっています。

8月中旬ごろメーカーから翌年1月始まり(正確には12月が一部ついています)のリフィルが出荷され、店頭に並びます。
店頭に並んだ後、徐々に年末に向けてお客様がご購入されます。
年末年始には販売のピークがやってきます。(この段階でメーカーでは、完売を起こしているリフィールも少なくないのです。)
ピークを越えてひと段落した1月下旬になるとメーカーから販売店に4月始まり対応シールが送付され、
販売店は1冊ずつ4月始まり対応シールを貼っていきます。
これでダビンチ4月始まりリフィルの完成です。

1月を4月始まりにチェンジさせることでメーカーは両方を発売しなくても良い事となっています?
コストダウン?
翌年3月まで付いている事で、4月頃買われるお客様にもあと1年分あるという安心感を与える事が出来ます。
(もし12月で終わっていたならば損をした気分になります。)

継続して使っている人にとっては結局、全体の四分の一である『12月~3月』までの4か月分のページを毎年捨てなければなりません。

このような無駄なページはシステム手帳のリフィルだけではありません。
多くの日付入り綴じ手帳も最近は9月始まりとか10月始まりとか12月始まりとか表示があるのですが、
結局のところ、1年間に加えて2.3ヶ月前倒して使用できる事を意味しており、
少しでも早く販売したいメーカーの思惑に消費者が翻弄されているような気すらします。

しかし、継続して同じ手帳を使われる方にとっては、4ヶ月の重複ページは邪魔でしかありません。
絶対に書くことが無い空白のページは1年間鞄の中で重くのしかかります。
本来手帳は持ち歩きの道具。
トモエリバーなどの薄くて軽い紙を使いながら、重複ページを持っている事は理解不能です。

このような重複ページがいるのかどうか?
業界全体で考えていかなければいけないところです。

レイメイ社システム手帳を3月まで使用して4月始まりを購入しようとした場合、4月始まりシールを
貼られた1月始まりリフィルを購入する事になります。
ただし、4月始まりが改めて生産されているわけではないので、遅くなると売り切れていることもあります。
レイメイシステム手帳リフィルは早めの購入をお勧めいたします。

レイメイ社以外のシステム手帳リフィル始まり月情報。

日本能率協会BINDEX1月始まり 2019年1月~12月
4月始まり 2019年4月~2020年3月

KNOX 1月始まり  2019年1月~3月
4月始まり 発売なし

ashford 1月始まり 2018年11月~3月
4月始まり  発売なし(シール対応)

ファイロファックス 1月始まり 2019年1月~12月
4月始まり 発売なし

プロッター 1月始まり  2019年1月~3月
4月始まり  発売なし

おすすめ記事

  1. オエステ会オリジナル文房具「Stationer’s(…
  2. 加圧式ボールペンを「水中で使える」は本当なのか?!
  3. 液状糊の代名詞「アラビックヤマト」の秘密教えます!
  4. スタイリッシュな相棒 ハズキルーペは大きく見えるんです
  5. SHINPUKUアクロアスプラザ与次郎店がオープンしました。
  6. 【ごほうびフェスタ】文具と紙と雑貨、時々、スイーツ
  7. ぶんぶん堂のバイヤーが必ず持ち歩く名品のご紹介です!
  8. 2018年日本文具大賞グランプリ『キッター』 

関連記事

  1. 文具店tagが12店舗になりました!寺町三条店オープン!
  2. 日曜始まり手帳・月曜始まりカレンダー
  3. ボールペンお名入れキャンペーン実施中!
  4. 星降る町 下松
  5. オエステ会はもうすぐ10周年。更なる進化を成し遂げます。
  6. おかげさまで開店22年を迎えます。うさぎやが思う文具と人生につい…
  7. 店舗名が変わりました。みなさん改めてよろしくお願いします。
  8. シャープペンシル今昔物語 俺のコレクション

最近の記事

PAGE TOP