世代を超えて贈り物に選ばれるCROSS・センチュリーについて

こんにちは、クロスランド周南の松本です。
今回は、先日『クロス センチュリー』について学ぶ機会がありましたので そのお話をさせていただきます。

1946年創業100周年を記念して発売された「センチュリーペンシル」に続き、 「センチュリーボールペン」が発売されたのは1953年。
それから半世紀経った今でも、デザインを変えず販売されています。

「センチュリー」はスリムでエレガントなボディが特徴です。
この軸の太さはなんと、一般的な鉛筆の直径と同等の7.5mm!!
これは創業時からペンシルホルダーを製造していたことに由来します。

またセンチュリーには、ボディをつなぐリングがなくフラットなため、 よりスリムに見えます。
そして、発売時から今日まで受け継がれ、今やクロスの象徴的なディテールとなったコニカルトップ(トップ部分)も センチュリーの特徴のひとつ。
実はこのコニカルトップの黒いパーツには意味があり、高価なフィニッシュを採用したものほど 黒いパーツの幅が狭くなり、所有者のステータスが垣間見えるとも言われています。
↓左から部長・次長・課長みたいな。


またクリップの位置もやや下の位置に設定されており、ジャケットの胸ポケットから コニカルトップが覗くようになっているとか。

アメリカ筆記具の代表的モデルとも呼ばれ、70年間で1億本を販売した「センチュリー」シリーズは、 世界で最も贈り物に使われた筆記具と言われています。
男女問わずお使いいただけるシンプルな1本は、これからのギフトシーズンのプレゼント候補にもお勧めです。

最寄りの文具店で、ぜひ一度試筆されてみてください。

おすすめ記事

  1. 不要になったクリヤホルダーの活用法をお教えします。
  2. 加圧式ボールペンを「水中で使える」は本当なのか?!
  3. SAKURA craft_lab(サクラクラフトラボ)に新商品0…
  4. 高松を見守る「赤灯台(せとしるべ)」は世界初の美灯台
  5. オエステ会in名古屋 パイロットインキ工場見学
  6. 宇宙飛行士のご用達!男性へのプレゼントにおすすめのボールペンのご…
  7. 低価格でもすごいやつ、売れ筋万年筆
  8. 文具店tagが12店舗になりました!寺町三条店オープン!

関連記事

  1. 2018年もありがとうございました!お正月必須アイテムぽち袋のご…
  2. オリンピック×文房具の豆知識
  3. この書き心地ペンじゃなくて紙なんだ
  4. 鉛筆のお話
  5. 山口県下松市「南花岡八幡宮」
  6. 『maruman week』図案スケッチブック60周年を記念
  7. カッターナイフを使いましょう!
  8. 長崎くんちが秋を運んできました。

最近の記事

PAGE TOP