世代を超えて贈り物に選ばれるCROSS・センチュリーについて

こんにちは、クロスランド周南の松本です。
今回は、先日『クロス センチュリー』について学ぶ機会がありましたので そのお話をさせていただきます。

1946年創業100周年を記念して発売された「センチュリーペンシル」に続き、 「センチュリーボールペン」が発売されたのは1953年。
それから半世紀経った今でも、デザインを変えず販売されています。

「センチュリー」はスリムでエレガントなボディが特徴です。
この軸の太さはなんと、一般的な鉛筆の直径と同等の7.5mm!!
これは創業時からペンシルホルダーを製造していたことに由来します。

またセンチュリーには、ボディをつなぐリングがなくフラットなため、 よりスリムに見えます。
そして、発売時から今日まで受け継がれ、今やクロスの象徴的なディテールとなったコニカルトップ(トップ部分)も センチュリーの特徴のひとつ。
実はこのコニカルトップの黒いパーツには意味があり、高価なフィニッシュを採用したものほど 黒いパーツの幅が狭くなり、所有者のステータスが垣間見えるとも言われています。
↓左から部長・次長・課長みたいな。


またクリップの位置もやや下の位置に設定されており、ジャケットの胸ポケットから コニカルトップが覗くようになっているとか。

アメリカ筆記具の代表的モデルとも呼ばれ、70年間で1億本を販売した「センチュリー」シリーズは、 世界で最も贈り物に使われた筆記具と言われています。
男女問わずお使いいただけるシンプルな1本は、これからのギフトシーズンのプレゼント候補にもお勧めです。

最寄りの文具店で、ぜひ一度試筆されてみてください。

投稿者プロフィール

十字屋
十字屋「西の京」山口を中心に5店舗を運営しています。
「西の京」山口を中心に、ステーショナリー雑貨とデザイン文具のセレクトショップ「CrossLand」(825㎡の売り場に5万アイテムの品揃え*山口店の例です。)や「CrossLandMarket」を5店舗運営しています。1946年創業で、”GOOD STATIONERY”にこだわった品揃えをぜひご覧ください。

おすすめ記事

  1. 手帳選びの決め手!!
  2. 念願の「ジェイワン」へ!サッカーJ1昇格を果たしたV・ファーレン…
  3. SHINPUKUアクロアスプラザ与次郎店がオープンしました。
  4. 意外と知られていない?筆記具の部品
  5. 世界遺産「軍艦島」・・・お隣の「高島」も見逃せないぞ!
  6. 今にも動きだしそう!備長炭でできた『とるまワンコ』
  7. 手書き年賀状に挑戦!オススメ筆ペンご紹介
  8. 多山文具の春イベントのお知らせ

関連記事

  1. 採用担当者が採用したいと思う履歴書の書き方
  2. 島根県が誇る国宝・松江城の桜がもうすぐ満開!開花情報とお花見のス…
  3. 3月25日発売!!話題のオエステ会限定プレラ「パロットグリーン」…
  4. ナガサワ文具センター創業136年の感謝を込めて文具の市開催中
  5. オエステ会オリジナル・プレラ万年筆に込めた思い
  6. ススメ新生活!働き方改革もお助けするクリップファイルいろいろ♪
  7. うさぎやオリジナルの新ブランド立ち上げました!「あなたと奏でるジ…
  8. 日本が誇る名作鉛筆「ハイユニ」の謎に迫る!

最近の記事

PAGE TOP