世代を超えて贈り物に選ばれるCROSS・センチュリーについて

こんにちは、クロスランド周南の松本です。
今回は、先日『クロス センチュリー』について学ぶ機会がありましたので そのお話をさせていただきます。

1946年創業100周年を記念して発売された「センチュリーペンシル」に続き、 「センチュリーボールペン」が発売されたのは1953年。
それから半世紀経った今でも、デザインを変えず販売されています。

「センチュリー」はスリムでエレガントなボディが特徴です。
この軸の太さはなんと、一般的な鉛筆の直径と同等の7.5mm!!
これは創業時からペンシルホルダーを製造していたことに由来します。

またセンチュリーには、ボディをつなぐリングがなくフラットなため、 よりスリムに見えます。
そして、発売時から今日まで受け継がれ、今やクロスの象徴的なディテールとなったコニカルトップ(トップ部分)も センチュリーの特徴のひとつ。
実はこのコニカルトップの黒いパーツには意味があり、高価なフィニッシュを採用したものほど 黒いパーツの幅が狭くなり、所有者のステータスが垣間見えるとも言われています。
↓左から部長・次長・課長みたいな。


またクリップの位置もやや下の位置に設定されており、ジャケットの胸ポケットから コニカルトップが覗くようになっているとか。

アメリカ筆記具の代表的モデルとも呼ばれ、70年間で1億本を販売した「センチュリー」シリーズは、 世界で最も贈り物に使われた筆記具と言われています。
男女問わずお使いいただけるシンプルな1本は、これからのギフトシーズンのプレゼント候補にもお勧めです。

最寄りの文具店で、ぜひ一度試筆されてみてください。

おすすめ記事

  1. ぶんぶん堂のオリジナル文具「山陰文具」に新商品登場!山陰ご当地マ…
  2. 年に一度の!ペンコレクションの季節がやってきました~!
  3. SAKURA craft_lab(サクラクラフトラボ)に新商品0…
  4. あのカッターナイフの豆知識!こっそり秘密をお教えします!
  5. 2018年もありがとうございました!お正月必須アイテムぽち袋のご…
  6. オエステ会限定プレラに飲ませてください~TAGオリジナルインク・…
  7. スタイリッシュな相棒 ハズキルーペは大きく見えるんです
  8. 線が消える魔法のノートが間もなく登場します。

関連記事

  1. 手帳と家具の新しい店鋪がオープン致しました。
  2. 地面に突き刺さる道路?!はたまた地面から生える道路?!手結港可動…
  3. 方言がキツイ岡山
  4. お父さんにありがとうを伝えよう。父の日イベント開催中~!(文具生…
  5. 【Official WEB-Site OPEN!いたします】
  6. コロナが落ち着いたらここへ行こう!!京都の西端スポット「松尾大社…
  7. おかげさまで開店22年を迎えます。うさぎやが思う文具と人生につい…
  8. KANASAI文具市に出店しています。

最近の記事

PAGE TOP