地味にスゴイ、クリップの世界。

こんにちは!うさぎやの源野です。

今日は、地味(と思われがち)なクリップのお話です。
クリップは文房具の中でも地味な存在です。

万年筆のような高級感もなければ、ノートのようにカスタマイズできるわけでもなく、
昨今のはさみのような存在感もなく・・・。

でも!
仕事をしていると、クリップを見ない日はありません。
机の引き出しの隅に、、、
事務所の床にも、、、。
いつも近くにあってついぞんざいに扱ってしまいがちなクリップ達。
(昔々、ぞんざいに扱うなと教えて下さった大先輩がいたなぁ)

今日はそんなクリップに注目したいと思います!

一番頻繁に見るのはゼム・クリップですが
なぜ”ゼム“かというとゼムクリップを開発した
イギリスのゼム・マニュファクチュアリング・カンパニー
という社名から来ているというのが通説と言われています。

ゼムクリップはこの形↓ですが、

5

三角になっているクリップ↓

6

コレは紙がずれにくく角に収まる感じが気持ちよくて、個人的には好きです。

社内社外問わず、書類のやり取りが多いですが、
かわいいクリップに挟まれた書類を頂くとちょっと嬉しいですね。

こんなのや、
1
飴のようなドロップクリップス

こんなのや、
2
挟むとさらにかわいいディークリップス

こんなのもあります。
3
フォトエッチングという加工により精巧なデザインを可能にしたクリップ。
MADEINJAPANの美しさですね~。

こういうクリップは、ついつい”別格”扱いとして保存してしまいがちです。
あなたの近くの文房具屋さんにも、いろんなクリップがあるはず。
ちょっと注目して見てみてください!

ということで今日は地味にスゴイクリップをご紹介しました~!

そうそう、
実はオエステ会では何かしらのクリップ考案中なのです!

いつか、みなさまに紹介できるかもしれませんので
それまでお楽しみに・・・!

4

投稿者プロフィール

うさぎや
うさぎや「晴れの国おかやま」の大型文具専門店です。
「桃太郎伝説」が語り継がれる「晴れの国おかやま」の大型文具専門店です。(2016年7月現在岡山県内5店舗)「楽しさわくわく、文具でわくわく」を合言葉に、お客様に笑顔をご提供できるお店を目指しています。こだわりの高級筆記具や上質な革小物、長年愛される文房具まで約6万アイテムの品揃えでお客様をお迎えいたします。

おすすめ記事

  1. ミイラ取りがミイラになる事例
  2. 海外では青インクのボールペンが主流って本当?
  3. 山陰の情景マスキングテープを企画中!
  4. スタイリッシュな相棒 ハズキルーペは大きく見えるんです
  5. 世界遺産「軍艦島」・・・お隣の「高島」も見逃せないぞ!
  6. 年賀状にまだ間に合う! 万年筆のペンクリニック開催! in 文具…
  7. 今にも動きだしそう!備長炭でできた『とるまワンコ』
  8. 消しゴムに付いているあのマーク(クリーンマーク)…ご存知ですか?…

関連記事

  1. カラーを遊んで「書く」をもっと楽しもう!黒じゃないダーク系インク…
  2. 酒都・西条
  3. 【3月30日~4月1日】文具と紙と暮らし市を開催いたします。
  4. おこしやす!TAG文具まつり
  5. 試験対策もこだわりの文房具にお任せください!
  6. NewShop 「CrossLand周南」
  7. ジョージに愛され、宇宙へ旅したサインペン!
  8. オロシティー夏祭り2017、フィナーレは花火で。

最近の記事

PAGE TOP