老舗筆記具メーカー師玉の逸品!SAKURA craft_lab(サクラクラフトラボ) 001とは!

皆さまこんにちは、ぶんぶん堂の木村です!

年末からぶんぶん堂の店頭では新商品ラッシュがあり、文房具店員でありながら文房具マニア(自称)の私も色々と商品をみておりましたが、そのなかでもキラリと光る筆記具がありましたのでご紹介したいと思います!


ジャジャーン!ということでこちらの筆記具です!メーカーはクレパスで有名なサクラクレパス、SAKURA craft_lab(サクラクラフトラボ) というシリーズの「001」という商品です!

特設のホームページもステキ過ぎます…!
https://craft.lab.craypas.com/

それにしてもアイテム名が「001」とは!
心をくすぐられるネーミングも魅力的です!


色展開は定番の5色と限定の2色となっております!陳列する什器には古い木材や金属が使われており、導入された文房具店さんもさぞ驚かれたことと思います!


そしてインクはボディの色に合わせた5色が用意されており、書き心地良し、書き出し良し、重厚感も良し!の山陰一のペンマニアと自負する私でも、久しぶりにビビッときボールペンに仕上がっております!


回転式で芯を繰り出すのですが、ローレット型頭冠を採用し、トップ部分にはサクラのマークの削り出し…格好良すぎますね!


パーツは真鍮製の先端パーツ、表面がマット調のアクリルで覆われたボディパーツという、割とシンプルな構造です!

ところで真鍮は個人的にはとても好きな金属のひとつなのですが、ピンとくる方はそんなにいらっしゃらないのでは無いかと思います!

…ということで解説!

≪真鍮≫
黄銅(こうどう、おうどう[1]、英: brass)は、銅と亜鉛の合金で、特に亜鉛が20%以上のものをいう。真鍮(しんちゅう)と呼ばれることも多い。適度な強度、展延性を持つ扱いやすい合金として、約350年ほど前から広く利用されるようになった。青銅に比べて歴史が短いのは亜鉛の沸点が約900 ℃と低く、開放式の還元法では単体が得られなかったからである。
1. ^ 「こうどう」は漢音、「おうどう」は呉音

ちょっと分かりにくいですが、つまり…
1)柔らかいから加工がしやすいよ!
2)金の変わりに使われることも多かったよ!
3)酸化はしても腐食はしにくいよ(つまり錆びにくい)!
4)ステンレスとかよりは比重が重いよ!

という事です!

使われているのは筆記具や仏具、銃弾の薬きょう、さらに管楽器に真鍮(ブラス_brass)が使われる事も多いためブラスバンドって言葉が出来たと言われています!


個人的に面白い!と思った用途は船のパーツに多く使われている事です!

確かに加工しやすくて、錆びにくくて、比重が重い!ということでイカリなんかはピッタリですよね!

いやー、改めて惚れたぜ!真鍮!


めちゃくちゃ脱線しましたが、こちらの商品、パッケージにもこだわりが感じられます!
今春から社会人になるかたへの贈り物としても喜ばれること間違い無し!
ぜひ店頭でお試しください!

ぶんぶん堂の木村でした!

投稿者プロフィール

株式会社きさらぎ
株式会社きさらぎ1995年にオープンした山陰地方最大の文具専門店
ぶんぶん堂は1995年にオープンした山陰地方最大の文具専門店です。驚き、喜び、閃きを見つけられる“ステーショナリーサーカス”というコンセプトのもと日々営業しています。また広い店内には専門的なニーズに応える豊富な品揃えと、海外のユニークな商品が並び、地域のお客様を楽しませています。

おすすめ記事

  1. 消しゴムに付いているあのマーク(クリーンマーク)…ご存知ですか?…
  2. 世界遺産、尚古集成館近くに意外なスポットが??
  3. 手書き年賀状に挑戦!オススメ筆ペンご紹介
  4. 多山文具の春イベントのお知らせ
  5. 年に一度の!ペンコレクションの季節がやってきました~!
  6. 中高生にブームの高級シャープペンー原点はスマッシュにありー
  7. SHINPUKUアクロアスプラザ与次郎店がオープンしました。
  8. 西郷どんだけじゃない!維新150年に盛り上がる鹿児島の名所

関連記事

  1. 露天神社へのおもひ 〜お初と徳兵衛〜
  2. 万年筆を蘇らせる巧みの技(神の手)
  3. オエステ会 オリジナル文房具
  4. 「まちなか&ママ」を盛り上げるイベント開催しました!
  5. 京都の名所・シンボル!!京都タワーが新しく生まれ変わりました!!…
  6. 六甲山に魅せられて・・・
  7. 水都大阪、大阪の風景と物語をインクに込める
  8. ギフショナリー・デルタ堂島アバンザ店リニューアル3周年記念イベン…

最近の記事

PAGE TOP